2016. 01. 30

春の先取り 明日までです。

今日の東京は予報に反して雪も降らず
雨のち曇りのお天気
一雨ごとに春に近づいていくと思えば
この雨もいいお湿りですね。


IMG_0484.jpg


「春を呼ぶモノたち」展も
明日31日までとなりました。

春を運んでくれる鳥たちも全員集合
それぞれの場所で春を待ちわびています。

IMG_0478.jpg

IMG_0353.jpg

明日は冬晴れのようです。
お散歩ついでに春に出会いに来ませんか。
心よりお待ちしています。


☆染九寸帯「ケルトの雁」→ 今井晴子(東京手描友禅)
☆着尺・格子 → 小岩井紬工房/小岩井カリナ(上田紬)
☆鳥帯留/3羽 → NaO/つきのいろ


*商品についてのお問い合わせはこちらへ



「春を呼ぶモノたち」
 〜31日(日)19時まで

 

【NaO/つきのいろ】(シルバージュエリー)
彫金作家・NaOとビジュアルデザイナー・Junkoの姉妹が作り上げる
シルバー・ジュエリーブランド
女性ならではの柔らかさと繊細で美しいフォルムが人を惹きつける
手に取った感触を大切に一つ一つを丁寧に創り上げています。
  *31日(日)は、ビジュアルデザイナー・Junkoさん在店いたします。
   オーダーなども承れますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。


【小岩井紬工房】(上田紬)
日本三大紬の一つ「上田紬」
その上田の地で、染め・整経・織りの全工程を行い、
創業以来手織り一筋に織り続けている小岩井紬工房
手織りならではの柔らかくしなやかな風合いを楽しめる
織りもの作りを追求している。
  

【今井晴子】(東京手描友禅)
下絵の輪郭や線にそって、
筒紙に入れた糊を細くつける「糸目糊置き」を得意とする女性友禅師
その洗練されたラインは、緻密でいて優しい情景を映し出している



posted by itonosaki at 21:41 | 日記

2016. 01. 29

少し先の季節を思いながら


細長い葉っぱも伸びやかに
生き生きとそして繊細に描かれた花菖蒲
春を飛び越えて初夏の爽やかな空気をふと思い出しました。

IMG_0422.jpg


花の季節は5〜6月ぐらいでしょうか。
先日早咲きのアイリスを花屋で見かけました。
季節はどんどん進んでいます。



IMG_0429.jpg


IMG_0431.jpg

4月終わりの少し汗ばむ時期
縞柄に合わせて小粋に。


IMG_0364.jpg



格子に合わせれば
大人の可愛さもこなれたカジュアル感に。


IMG_0421.jpg



季節問わず身につけられるモノもいいですが、
その一瞬の時間を愛でるのも
日本の装いの楽しさ。
たくさん楽しんで欲しいです。



少し先の季節を思いながら日々を暮らす。
昔々の市井の人たちは
「暑い・寒い」の間の微妙なたくさんある季節を
自然への畏敬の念を持ちつつ
楽しみながら毎日を送っていました。

今の時代は少しずつ季節が変化してきているけれど
その時その時の自然の断片を身近に感じることを
忘れたくはないですね。




☆染九寸名古屋帯「菖蒲」→ 今井晴子(東京手描友禅)
☆着尺・お召紬/縞 → 小岩井紬工房(上田紬)
☆着尺・格子 → 小岩井紬工房/小岩井カリナ(上田紬)


*商品についてのお問い合わせはこちらへ




「春を呼ぶモノたち」
     〜31日(日)まで

 
 ご紹介しきれない作品たち、まだまだありますよ。
 実際に見て、触れていただけたら幸いです。
 日曜日まで!


posted by itonosaki at 13:34 | 日記

2016. 01. 28

照らす月あかり


IMG_0413.jpg

昨夜は冬らしく空気も澄んで
まん丸よりちょっぴり欠けたお月様が
くっきりと夜空を照らしていました。
これからまた少しずつ新月へ変わっていくのでしょう。


IMG_0442.jpg


IMG_0443.jpg


シルバーで表現した繊細なピアスは
満ちかけのシルエットが美しい



IMG_0446.jpg

白く輝くブローチは
舟に見立てた三日月



柔らかな曲線が
春待ちの静かな夜を照らします。




☆「満ちかけ」ピアス・「月のふね」ブローチ → NaO/つきのいろ

☆ 着尺お召し紬 → 小岩井紬工房(上田紬)
         横糸に紬糸と強撚糸を交互に織り込んだ上代お召(お召し紬)は
         さらりとしたシャリ感と柔らかい紬の良さを併せ持つ織りもの
         裾さばきが良く、着付けもしやすい。
         出来上がりの着姿はすっきりとして美しい。


*商品についてのお問い合わせはこちらへ




「春を呼ぶモノたち」
     〜31日(日)まで

 
 ご紹介しきれない作品たち、まだまだありますよ。
 実際に見て、触れていただけたら幸いです。
 日曜日まで!



 

posted by itonosaki at 17:35 | 日記