2016. 03. 12

花に寄せて


春はいたるところで
伸び伸びと花が咲き、
新芽がおずおずと顔を出す。


IMG_1155.jpg


象牙色に季節の花々を散らした着物は
春の訪れを喜び
新しい門出を祝う気分。
伊勢型紙のペルシャ柄の帯も
柔らかな春の日差しの中に美しく映える



IMG_1157.jpg


そういえば実家の庭にあるモクレンは
今でも毎年咲き誇り
植えっぱなしのクロッカスも
いつもひょっこり咲いてくれる



IMG_0826.jpg


花屋さんで見かけた
ストックの花
蕾がたくさん満開を待っていた
春は植物たちも楽しいだろうね。



☆着尺「文字と小花」→ 東京手描友禅・今井晴子
   花の名前の頭文字を学名で表現。流れるような繊細なカリグラフィーと
   可憐な花との組み合わせ方が美しい
☆染九寸帯「ペルシャ」→ 江戸小紋・廣瀬染工場
   細かな型を丁寧にしごき染めされた帯は、塩瀬の光沢感と相まって優しく上品。



*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ

   
 
   

posted by itonosaki at 16:09 | 日記

2016. 03. 11

花びらをそっと


忙しない毎日に
忘れていく色々な記憶の欠片

時々にでも
思い出すこと、話すこと
少しずつでもしていこう

IMG_0792.jpg


穏やかでない時は誰にでもおとずれる。
無理をしないで 心静かに
優しく日々を暮らしていけたらと願わずにはいられない。


今年の桜は開花準備が早めとのこと
風に舞う花びらを
もうすぐ手のひらに乗せて遊べるかな。。



☆ジャムダニ織ショール → Tulla
   風をはらんでふわりと透けるジャムダニ織は職人の手業の賜物
   纏うことで涼しさを感じられます。



*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ

   
 
posted by itonosaki at 14:05 | 日記

2016. 03. 09

水温む季節


昨日の初夏のような陽気にうっかりしていたら
今日は一変、寒〜い1日。
季節の変わり目とはいえ、寒暖の差が大きすぎます。

ぽちぽち咲き出したユキヤナギの花も
また、蕾に戻りそう。。。

IMG_1024.jpg



イトノサキ店主は、
外の雨模様を横目で見つつ、
先日のnukuiro 2nd exhibition「春、うらら」でゲットした
クラッチバックを眺めながら
春のコーディネートなどを思案中。


IMG_1030.jpg



メインのワードローブが、無地ライクばかりの店主は
小物に花モノアイテムを取り入れて、季節を遊びます。

いつもの粋な縞の着物に
刺繍のクラッチバックを合わせて、
気分はすっかりお花見。

「水温む」季節
ひと雨ごとに春がすぐそこに来ています。


IMG_1033.jpg



☆手刺繍クラッチバック → nukuiro
 *写真のクラッチバックは店主所有のモノですが、
   一つ一つ違う表情のクラッチバックを3月末までご覧いただけます。
   すべてが一点モノ。
   この機会にぜひお手に取ってくださいませ。

☆綿絹着尺・青梅嶋 → 藍染工房・壺草苑



*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ













posted by itonosaki at 18:18 | 日記