2016. 04. 15

晴明・虹始見(にじはじめてあらわる)の候


季節は巡り、
ハナミズキの花が咲く頃
二十四節気では「晴明」

IMG_1896.jpg

この時期は寒すぎず暑すぎず、
湿気もあまりなく爽やかな風が通り抜ける
本当に心地いい
一年の中で一番好きな季節でもあります。


IMG_1810.jpg


四季のある日本だからこそ
この爽やかな季節を実感できたりするのでしょうか。

今の季節が終わる瞬間と次の季節が始まる瞬間の
季節の受け渡しを立ち止まって見ることができたら
ちょっと幸せな気持ちになります。



IMG_1834.jpg


IMG_1839.jpg


綿絹の縮みに上布の帯
さらりとした感触の単衣に
風が抜けるかぼそい苧麻の帯は
少し湿り気をおびる日本の夏を爽やかに過ごせる自然の知恵

幸田文さんのように
日常をきりっと慎ましやかに


IMG_1840.jpg



☆結城・綿絹交織紬「綿棉」→ 結城 龍田屋

☆上布ストール・上布織九寸帯 → 染織家・堀口度子(ほりぐちのりこ)
   *数十年前に沖縄へ渡り、八重山や宮古の染織りを学び
   長年に渡り、織りを続けられている東京で唯一、上布を織る作家。
   2014年度日本民藝館展 奨励賞受賞もされています。
  


*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ


【追記】
熊本を中心とした九州地方の皆さま、
昨夜の大きな揺れに心細い夜を過ごしたことと思います。
心よりお見舞い申し上げます。
余震がまだ続いているようですが、
これ以上の被害が広がらないよう祈っております。
そしてできるだけ早い復旧がなされることを願います。




posted by itonosaki at 12:18 | 日記

2016. 04. 13

陰影の美しさ:透ける羽織りモノ


細かな霧のような雨が
降ったり、止んだり。
春の雨は、暖かくどこか優しいですね。


IMG_1890.jpg


日々を着物で過ごすことの多いイトノサキ店主は
こんな微妙な天気には
さらっと透け感のある紋紗のコートを羽織ったりします。


IMG_1882.jpg


紋紗(もんしゃ)とは、
絹の紗地に色々な文様を織り出した先染めの織物のこと。
薄く透き通る布目が、この時期に爽やかで
内側に着るモノと外側に着るものとの合わせ方で
陰影も美しく涼しげに見えるようにする布使いが
日本ならでは。


今月は、初夏のお支度月間ですので、
この紋紗のご案内もしています。
上品な柄、モダンな柄など
色々な柄の白生地からお選びいただき、お好きな色に染めて
コートや羽織などにお作りいたします。

IMG_1884.jpg


IMG_1889.jpg


今までちょっと気になっていた方など、
軽く、さらりとした感触に一度触れてみてください。
お出掛けするのが楽しくなるかしれませんよ。



引き続き、「初夏のお支度・単衣と薄衣」
     〜4月30日まで

  
 
*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ



日本の洋傘職人が作る
「自分だけのオリジナル傘・特別オーダー会」
  4月20日(水)〜24日(日)



日本の洋傘職人が、一つ一つ丁寧に仕上げ、
使い勝手とスレンダーなシルエットにこだわった「Mede in Japan」

お出掛けをもっと楽しむ良き伴侶のひとつとして傘がその人に寄り添えること。
それが職人の願い

使い捨てのビニール傘はやっぱり味気なく、寂しいもの
職人こだわりのモノは
心地よく、着物でも洋服でも素敵なスタイルを最後にキュッと締めてくれるはずです。
この機会にぜひマイ・オリジナル傘を作ってみませんか。


◎オーダーについて
*オーダーメイド傘種類:雨傘(長)、折りたたみ雨傘、日傘(長)
*生地:見本帖 & イトノサキセレクト生地(現物)よりお選びいただけます。
*その他付属品(ハンドル・つゆ先・ボタン・タッセル・イニシャルプレート)もご指定できます。
*納期:6月上旬ごろ
他にお手持ちの生地をお持ちになってお作りすることも可能です。
 その場合は必要用尺、生地の風合いなど
 加工可能かどうかを確認いたしますので、都度ご相談ください。



期間中の4月23日(土)午後13時〜
傘メーカーの若き4代目小林 智さんが在店されます。
細かなオーダーなどのご相談もできますので、
ぜひお運びください。





posted by itonosaki at 18:07 | 日記

2016. 04. 10

初夏の草木を。


IMG_1687.jpg

春は
小さな花もダイナミックな木々にも
自然の色の奥ゆかしさを感じることができる季節ですね。



IMG_1832.jpg


じっと目をこらすと何色もの色が交差して
爽やかな陰影を感じる着尺


IMG_1823.jpg


タテ糸のベージュは梅
水色がクサギ
グレーはドクダミ

ヨコ糸は
濃い青が藍
水色は藍とクサギを混ぜ、
グリーンにはクサギと刈安
時折見える赤城の節糸が
さらに糸の面白さと深みを出している

IMG_1831.jpg


草木染めにこだわる作り手の
シャリ感のあるこの着尺は
多色を使いながらすっきりと上品で優しい



IMG_1826.jpg


先日ご紹介のアガパンサスを合わせて
爽やかな大人の女性を演出

日傘でも差して何処か避暑地にでも出掛けましょうか。



☆☆着尺・横段 → Basso conti
☆染九寸帯「アガパンサス」→ 東京手描友禅・今井晴子


引き続き、「初夏のお支度・単衣と薄衣」
     〜4月30日まで

  
 
*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 18:05 | 日記