2016. 09. 30

輪舞曲。


長月晦日にして
ようやく太陽が顔を出した爽やかな一日。
頬に当たる空気も少しひんやりと
かすかにクラシックの輪舞曲が聴こえた朝でした。



IMG_4303.jpg



IMG_4314.jpg


白樺の樹皮ような紬地に描かれた
繊細で透明感のある手描きの吹寄せ

秋風に舞い踊るような木の葉が
ふわりと後ろ姿を飾ります。


IMG_4309.jpg


秋の味覚に
色あざやかな紅葉と
自然の恩恵を感じる瞬間がたくさんあるこの季節
五感をフルに
季節を纏い、感じてください。


IMG_4311.jpg


IMG_4310.jpg


さて、明日から十月神無月
気がつけば今年も残すところあと3ヶ月(!)
ぼんやりしているとすぐに年末を迎えてしまいそう。。


☆染九寸名古屋「吹寄せ」→ 東京手描き友禅・今井晴子
☆草木染着尺「天気雨」→ Basso conti


商品詳細・その他お問い合わせはこちらへ


来週からは秋色いろいろ揃います。


2016年10月5日(水)ー 10月16日(日)
「ところの」いろと、「つきのいろ」

IMG_0076 DM用.jpg


いろのしなやかさを纏い
いろの欠片を飾り
いろに遊ぶ




秋のお支度第二弾は
日本の色から生まれた「ところの」無地紬
美しい情景を映した「つきのいろ」シルバージュエリー
素材そのものを素直に活かして表現された「絹」と「銀」との
優しい装いの秋支度展。



IMG_0077 (1).jpg


IMG_0078.jpg


上品な光沢の中に風合いも心地いい紬の感触と
シルバーに光の欠片(カケラ)をプラスした美しいジュエリーに
心躍ります。


これからの季節に
それぞれのいろを探しにいらしてくださいませ。



IMG_0054 (1).jpg


無地紬・染帯 →「みのる小紋」
シルバージュエリー →「NaO/つきのいろ」


◎作り手プロフィール◎

【みのる小紋】(長島繊維株式会社): 着尺・染帯
栃木県足利にて戦前より創業の長島繊維さんの“日本の材料で日本のもの作り”にこだわって
生み出されたオリジナルブランド
栃木を中心に原材料の生産者さんや職人さんと直接関わり合いながら、
常に新しい挑戦を続けつつ、日本の素敵なもの作りを追求しています


【NaO/つきのいろ】: シルバージュエリー
彫金作家・NaOとビジュアルデザイナー・Junkoの姉妹が作り上げる
シルバー・ジュエリーブランド
女性ならではの柔らかさと繊細で美しいフォルムが人を惹きつける
手に取った感触を大切に一つ一つを丁寧に創り上げています。


posted by itonosaki at 15:14 | 日記

2016. 09. 28

常盤の緑を


長い秋雨に少し憂鬱な時も
ふと窓の向こうに見えるみずみずしくも爽やかな木々の緑が
穏やかな気分にさせてくれます。

IMG_0089 (1).jpg


自然の色の印象は、
ただ目に飛び込んでくるものだけでなく、
人間の脳に働きかけ、
優しくなったり、リラックスできたり。
つくづく「色」というものは、大切だと思う今日この頃



常盤色の「ところの」の無地に
草木染め和紙糸使いの八寸帯を

IMG_0086.jpg


青みの緑は慎ましやかでいて理知的
永久不変という意味もある常磐色は
常に変わらないみずみずしい緑を湛えた
心穏やかな日々を願う平和のひと色

IMG_0085.jpg


☆無地紬 / 常盤→「みのる小紋」(長島繊維)
☆草木染 八寸名古屋帯「霜降」→ Basso conti (すぎもと早苗)
  座繰り糸・キビソ・ゴールデンムガなど様々な糸を自然からの優しい色に染め、
  まるでツイード地のような不思議な印象を与えるハンサムな帯
  ヨコ糸には和紙糸使い、呼吸するように湿気を吸収し、
  またその水分を素早く外に放出する特性が生かされています。


商品の詳細・購入・その他お問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 16:28 | 日記

2016. 09. 25

深く蒼く


長月終わりに
またしても”イトノサキ好み”届きました。

IMG_4251.jpg


今回は
「LANDER BLUE」という鉱石の名前のついた
山形斜文八寸帯

ランダーブルーとは
アメリカのLander地方でのみ産出された
最も神秘的で美しい希少なターコイズのこと


IMG_4252.jpg


IMG_4267.jpg


その名前の通り
深く静かに佇むターコイズの石のように
落ち着きの中に浮かぶ蒼い光沢が、
魅惑的な顔を見せています。

IMG_4258.jpg


iwasakiさんの山形斜文八寸帯は
また今回も唯一無二の存在


ターコイズの深い蒼を
身につけて
神秘的な自分を楽しんでみる秋


IMG_4264.jpg



☆山形斜文八寸帯「LANDER BLUE」→ 染織iwasaki

染織iwasakiさんのHPでもちょっぴりご紹介しています。

http://www.senshoku-iwasaki.com/oshirase.htm



商品詳細・その他お問い合わせはこちらへ



合わせてこちらもこちらも楽しみです。

2016年10月5日(水)ー 10月16日(日)
「ところの」いろと、「つきのいろ」

秋のお支度第二弾は
日本の色から生まれた「ところの」無地紬
美しい情景を映した「つきのいろ」シルバージュエリー
素材そのものを素直に活かして表現された「絹」と「銀」との
優しい装いの秋支度展。


無地紬・染帯 →「みのる小紋」
シルバージュエリー →「NaO/つきのいろ」


posted by itonosaki at 18:21 | 日記