2016. 12. 08

職人の代えがたい喜び:nukuiroのパシュミナ


昨日からスタートの
nukuiro 3rd exhibition「冬、薫る」


IMG_5134.jpg


IMG_5111.jpg


紡いで、織って、刺繍して。。
一つひとつの工程を丁寧に丁寧に作り上げる
とても繊細で、優雅で優しい織りモノたち。


IMG_5123.jpg

細く繊細に手紡ぎした糸


IMG_5132.jpg


柔らかい冬の日差しに美しく映えるソズニ刺繍


IMG_5120.jpg


今では職人も少なくなってきたと言われている伝統のカニ織



インド・カシミールの地から遠く離れた日本で、
自分たちが誇りとしている手仕事に触れてもらえるということが
何事にも代えがたい喜びとなっているそう。
手仕事を支えている職人が思うことは
世界中みな同じなのだなと思います。


IMG_5158.jpg


見て知ること
触れて感じること
人伝えではなく、
自分で体感したことを大切にできるようにしていきたいですね。


IMG_5157.jpg



ご紹介しきれないモノたちがたくさん。
ぜひ、ご自分の五感で確かめてください。



〜11日(日)まで。
nukuiro 3rd exhibition
「冬、薫る」




展示について・商品詳細・その他お問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 16:24 | 日記