2016. 12. 14

ご紹介頂きました:青梅嶋の魅力


冬至を前に久しぶりに降った冷たい雨
雨上がりは思いの外それほど寒くはなく、
雫の残る紅葉も艶やかで穏やかな冬の1日でした。

IMG_5211.jpg


さて、みなさまにご報告が遅れてしまいましたが、
先日12月7日発売の雑誌「七緒」No,48号で
イトノサキ店主がこよなく愛す「青梅嶋」をご紹介していただきました!

IMG_5166.jpg


IMG_5164.jpg


青梅嶋は絹糸と綿糸との交織の織物ではありますが、
今回の木綿着物の特集で、お仲間に入れていただいた次第です。


IMG_2336-thumbnail2.jpg


昔々の市井の人が、
実用的かつ最先端のファッションとして日々の暮らし楽しむために
繋げてきた綿織物
その中でも小粋な青梅嶋は、
綿糸は本藍染。
合わせた絹糸も、やまもも・梅・茜など草木染にこだわり
その時代を再現した究極の縞モノ


IMG_2035-thumbnail2.JPG


ストレスのない着心地と
絹と綿との丁度いいところを併せ持つ格好良さがあって
日常的に着物を着るイトノサキ店主にはなくてはならない必須着物
これは何?と興味を持たれた方はぜひ一度ご覧くださいませ。


☆綿絹交織着尺・青梅嶋 → 藍染工房・壺草苑
  *以前のブログでもご紹介してます→こちら
☆染九寸帯「ゆずりは」→ 東京手描友禅・クワバラマキコ
  *コーディネートした手描きの染め帯は、
   モダンなレイアウトと手描きならではの優しい色合いが美しい作品


IMG_3331.jpg


引き続き、「師走のごほうび展・2016」開催中
〜27日まで。

12月最終週の26日(月)・27日(火)は、営業いたします。


商品詳細・その他お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 20:00 | お知らせ