2017. 01. 25

本日より「手描きのハレ支度」


IMG_5688.jpg


本日より「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
始まりました。


IMG_5665.jpg


連日の凍えるような寒さに
出かけることを躊躇してしまいますが、
可愛らしく華やかで伸びやかな染めの作品に触れるだけで
気持ちはポカポカ春気分です。



IMG_5658.jpg

七歳のお姉さんのお支度に



IMG_5659.jpg

三歳のおチビちゃんのお支度



IMG_5678.jpg

ママには理知的で上品なお支度



IMG_5670.jpg

少しおすまし顔の帯や
流れるような糸目も美しい付下げなど
伸びやかな線と色彩のグラディーションを見ているだけで
楽し時間となっています。


袖を通すたび、身につけるたびに
優しく嬉しい気持ちになる
それぞれのお支度を探しにお出かけくださいませ。


明日26日(木)には、終日クワバラマキコさん在店されます。
素敵なアイディアのご相談などこの機会にぜひ。


IMG_5680.jpg



☆三歳〜ローズピンク着物(長着)/ 被布
☆七歳〜ネービー着物(長着)
☆染九寸帯、付下げ、
上記全て、東京手描友禅・クワバラマキコ



「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
1月25日(水)〜2月5日(日)


昨年11月のブログでご紹介いたしました七五三の揃え(その時のブログはこちら☆
「可愛い!」「姪っ子に着せてみたい」「自分の七五三の時を思い出した」など
たくさんの方から優しく嬉しいお声をいただきました。
そのお声を形にすべく、
今回手描き友禅士に描いてもらう
世界でたった一枚だけのオンリーワン・オーダー会を開催いたします。



DM1月.jpg


1月横DM宛名面.jpg



新年になったばかりですが、
細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
秋のハレの日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切な一着をお作りいたします。

また、七五三以外にも手持ちの着物に合わせた帯を作りたい、
羽織りと帯をお揃いにしたいなど、色々なオーダーができますので、
まずはご相談くださいませ。


新春のことほぎ気分もそのままに
少し先の季節に思いを馳せて。
丁寧な手仕事ならではの繊細な彩りで
思い出に残る素敵な体験を、この機会にぜひ。



【オーダーの流れ】
@お誂えしたいアイテム(着物・帯・被布など)・用途(七五三・結婚式・夏単衣に合わせる帯など)・イメージする色/柄をお聞かせください。
Aお聞きしたイメージ・アイテムを検討し、大枠のお見積もりをさせていただきます。
Bお見積もりをご承諾いただいた後、下描き・配色など細く打ち合わせ(2〜3回)を重ねて実際の作業に入ります。
C作業開始から約2〜3ヶ月後に染め上がり。その後お仕立てなどの加工に入ります。
*小物のオーダーも概ね同じようなスケジュールとなります。


クワバラマキコ在店日・1/26(木)・28(土)・2/1(水)・4(土)
*上記以外にも、在店可能の日もありますのでお問い合わせください。



*商品の詳細・オーダーについてのお問い合わせなどはこちらへ



posted by itonosaki at 18:12 | お知らせ

2017. 01. 22

春のもう少し先を。


大寒の候
日々の寒さに凍える毎日です。
三寒四温を繰り返してようやく春へと移り変わる自然の段取りに
もどかしさを覚えつつ
早く暖かくなれと思う今日この頃



IMG_5628.jpg


さて、25日からのイトノサキは
春のもう少し先の季節を思う
「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会が始まります。


IMG_5632.jpg



IMG_5621.jpg


手描き友禅士・クワバラマキコさんの描く伸びやかで美しいデザインに
桜居せいこさんの繊細でやわらかなつまみ細工が添えられて
どのように優しい世界を生み出していくのかとても楽しみです。

思い出に残る七五三の衣装
入・卒式に合わせた祝いのお支度
誕生日記念に自分への御褒美としてなど、
それぞれのハレの日のお支度をお手伝いできたらとても嬉しいこと。


IMG_9478.jpg



頭の中であれこれ想像していることがありましたら、この機会にぜひ。
イメージをことだまにして、素敵なお支度揃えてくださいませ。



「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
1月25日(水)〜2月5日(日)


昨年11月のブログでご紹介いたしました七五三の揃え(その時のブログはこちら☆
「可愛い!」「姪っ子に着せてみたい」「自分の七五三の時を思い出した」など
たくさんの方から優しく嬉しいお声をいただきました。
そのお声を形にすべく、
今回手描き友禅士に描いてもらう
世界でたった一枚だけのオンリーワン・オーダー会を開催いたします。



DM1月.jpg


1月横DM宛名面.jpg



新年になったばかりですが、
細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
秋のハレの日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切な一着をお作りいたします。

また、七五三以外にも手持ちの着物に合わせた帯を作りたい、
羽織りと帯をお揃いにしたいなど、色々なオーダーができますので、
まずはご相談くださいませ。


新春のことほぎ気分もそのままに
少し先の季節に思いを馳せて。
丁寧な手仕事ならではの繊細な彩りで
思い出に残る素敵な体験を、この機会にぜひ。



【オーダーの流れ】
@お誂えしたいアイテム(着物・帯・被布など)・用途(七五三・結婚式・夏単衣に合わせる帯など)・イメージする色/柄をお聞かせください。
Aお聞きしたイメージ・アイテムを検討し、大枠のお見積もりをさせていただきます。
Bお見積もりをご承諾いただいた後、下描き・配色など細く打ち合わせ(2〜3回)を重ねて実際の作業に入ります。
C作業開始から約2〜3ヶ月後に染め上がり。その後お仕立てなどの加工に入ります。
*小物のオーダーも概ね同じようなスケジュールとなります。


クワバラマキコ在店日・1/26(木)・28(土)・2/1(水)・4(土)
*上記以外にも、在店可能の日もありますのでお問い合わせください。



*商品の詳細・オーダーについてのお問い合わせなどはこちらへ




posted by itonosaki at 18:32 | 日記

2017. 01. 19

春始まる:気持ちを纏う


IMG_5580.jpg


蕾だった蝋梅も満開になり
すぐそこまで来ているだろう春を思います。
イトノサキもそろりそろりと春のお支度などを。



IMG_5597.jpg


柔らかいベージュにすっきりとした縞模様の織九寸



IMG_5601.jpg


それぞれに配した色糸は、
和紙糸であったり大麻であったり、
本藍染・草木染め・化学染料なども使い
それぞれの個性を引き出しつつ綾織にすることで
浮き出たような立体的な面白い線と洗練されたデザインバランスが秀逸な景色に。
ベースとなっているベージュ地もクリームと白の二色を使い分け織りだしているという
奥行きの深い織りモノとなっています。



IMG_5599.jpg


この帯、かの加藤清正公の実物の具足(戦いに出る時の格好)に使われた色をそのまま再現したとのこと。
今見てもスマートで洒落た配色に
戦国武士のセンスの良さを感じずにはいられません。



IMG_5584.jpg

空色の紬と合わせて優しく春らしく。




IMG_5590.jpg

草木の縞も小粋な青梅嶋と合わせれば
凛とした美しさに。


前ヘ進む心意気と何物も受け入れる柔軟な気持ちを込めて
一年のスタートに。
春が始まります。


IMG_5559.jpg



☆織九寸「清正縞」→ 染織吉田・吉田美保子

☆紬着尺「ところの」空色鼠 → みのる小紋(長島繊維)
☆綿絹着尺「青梅嶋」→ 藍染工房 壺草苑
☆トリ・ピンブローチ → 大下香仙工房(classic ko)


*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ




来週からです。

「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
1月25日(水)〜2月5日(日)

DM1月.jpg


1月横DM宛名面.jpg



posted by itonosaki at 18:05 | 日記