2017. 01. 11

日常へと


IMG_5539.jpg

1月11日 関東では鏡開きの日(地域によっては別日ですが)
夕食は、おもちを食べて無病息災を祈るお宅も多いのでは。
街並みもお正月気分から日常へと動きだし、
あらためて1年のスタートです。



IMG_5532.jpg


あえてシンプルに
濃紺の格子の帯に
ベージュ色の細縞紬





IMG_5536.jpg


濃紺の真綿糸にタテ糸の天蚕糸が微かに黄みに輝く。
結城の地機ならではの静かな存在感





IMG_6496.jpg


ややグレー味かかった濃淡の糸はバラの茎から抽出した。
紬糸の節が見え隠れするキリッとしすぎない優しい縞モノ




「着るもの」として何気なく普段に着てこその着物
日常に着物を着こなしていた白洲正子さんの足元にも及びませんが、
先ずは、志しは高く広く。



☆本場結城紬・地機九寸帯 → 結城 龍田屋
☆☆紬着尺「ばら」→ 草木染織・佐藤竜子




*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ




posted by itonosaki at 15:52 | 日記

2017. 01. 08

雨のち晴れ:成人の門出


寒い冬の雨となってしまった今年二度目の日曜日は
いつもの日常に戻るちょうどいいリセット日


IMG_5496.jpg


IMG_5435.jpg


蝋梅のほのかな香りを感じながら
イトノサキも常設展示でゆったり、
落ち着いた1日となりました。


IMG_5490.jpg





そういえば、今年の成人の日は明日9日。
この寒い雨もお昼頃には止むとのこと。
雨上がりからの晴れとは、成人の門出には良い兆し

IMG_3911.jpg


風を受け、空を読み、時に錨を下ろし、波に身を任せてみる
これから起こる様々な出来事を
いつの日か楽しかったと思えるように過ごせたらいいですね。
航海はした方がいいけれど
後悔はしないように。


IMG_3906.jpg


成人おめでとうございます!



☆草木染め織八寸帯 → Basso conti (すぎもと早苗)
 何種類もの草木を用いながらもシンプルで奥行きのあるモダンな帯
 横糸には和紙糸を入れ、見た目以上に軽く締め心地の良い仕上がりは、
 糸味と布味を楽しみたい
 
☆染め九寸帯「帆船」→ 東京手描き友禅・今井晴子
 糸目糊の極々細い線が陰影のある立体感を表現している
 日本海ではなく、地中海を思わせる洒落た大人帯
 様々な節目・門出に縁起のいい吉祥モチーフは、
 構図と手業で垢抜けたカッコイイ着姿となる
 こちらでもご紹介しています →



*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 21:00 | 日記

2017. 01. 06

始まる

ピリッとした寒さが冬らしい本日6日
2017年の営業をゆるりと始めました。
新しい年は、一体どんなに素敵なご縁や楽しいハプニングが待ち受けているのか
今からワクワクドキドキです。

IMG_5433.jpg


道すがら、新年の挨拶まわりであろうビジネスマンを目にし、
巷はまだまお正月ムード。
日々のリズムに戻るのは来週からでしょうか。

明日は7日「人日の節句」
七草粥で
少しずつ、気持ちも身体も(体重も!)
日常に戻していきましょう。。。


IMG_4859.jpg


大振りの合鹿椀でいただく七草粥もまた美味なり。



◎今週末の7(土)・8(日) の営業時間は、
12時〜18時となります。

お間違いなきように。


☆葉文大皿 → 音彩工房(美濃焼)
☆合鹿椀(朱塗り・溜内黒)→ 漆工房 大下香仙工房(classic.ko)



*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 21:35 | 日記