2017. 01. 19

春始まる:気持ちを纏う


IMG_5580.jpg


蕾だった蝋梅も満開になり
すぐそこまで来ているだろう春を思います。
イトノサキもそろりそろりと春のお支度などを。



IMG_5597.jpg


柔らかいベージュにすっきりとした縞模様の織九寸



IMG_5601.jpg


それぞれに配した色糸は、
和紙糸であったり大麻であったり、
本藍染・草木染め・化学染料なども使い
それぞれの個性を引き出しつつ綾織にすることで
浮き出たような立体的な面白い線と洗練されたデザインバランスが秀逸な景色に。
ベースとなっているベージュ地もクリームと白の二色を使い分け織りだしているという
奥行きの深い織りモノとなっています。



IMG_5599.jpg


この帯、かの加藤清正公の実物の具足(戦いに出る時の格好)に使われた色をそのまま再現したとのこと。
今見てもスマートで洒落た配色に
戦国武士のセンスの良さを感じずにはいられません。



IMG_5584.jpg

空色の紬と合わせて優しく春らしく。




IMG_5590.jpg

草木の縞も小粋な青梅嶋と合わせれば
凛とした美しさに。


前ヘ進む心意気と何物も受け入れる柔軟な気持ちを込めて
一年のスタートに。
春が始まります。


IMG_5559.jpg



☆織九寸「清正縞」→ 染織吉田・吉田美保子

☆紬着尺「ところの」空色鼠 → みのる小紋(長島繊維)
☆綿絹着尺「青梅嶋」→ 藍染工房 壺草苑
☆トリ・ピンブローチ → 大下香仙工房(classic ko)


*商品の詳細・お問い合わせはこちらへ




来週からです。

「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
1月25日(水)〜2月5日(日)

DM1月.jpg


1月横DM宛名面.jpg



posted by itonosaki at 18:05 | 日記