2017. 03. 15

春を飛び越え:今週はちょっとイレギュラースケジュールです。

二十四節気「啓蟄」
七十二候では「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

寒い冬をようやく通り越し
さなぎが羽化して美しい蝶になって羽ばたいていく頃
。。。。ですが
啓蟄で目覚めた虫たちも凍えるような冷たい朝
東京でもまさかの雪予報(︎︎!?)に
春が恋しい今日この頃です。

IMG_6197.jpg


軽やかな季節が恋しく
春を飛び超えて初夏のコーディネートなど

IMG_6568.jpg



衣摺れの音も耳心地いい白大島
軽やかな音がきこえるように
手描きの調べも爽やかな帯を合わせてみる


IMG_6561.jpg


透ける絽目に白い柔らかな線が流れ
気分も弾みます。

IMG_6567.jpg


細かな紺色の絣が
白地に映える
まさしくsimple is best
春から夏にかけては
さらりと涼しげにしたいもの

IMG_6573.jpg


☆今週はちょっとイレギュラースケジュールです。

16日(木) → オープンは15時から(〜19時まで)
17日(金) → 11時〜18時まで
20日(月・祝) → 月曜日ですが営業します!(11時〜19時)
*18日(土)・19日(日)は通常営業(11時〜19時)



そして、初夏の爽やかな季節が早くやってこないかと
思うばかり。。


☆染九寸「音の唐草」→ 東京手描友禅・クワバラマキコ
☆本場大島紬「福あられ」→ 紬のふくはら




「帯の花咲く、弥生・3月」


IMG_6313.jpg


3月のイトノサキでは
季節の花が咲くように
それぞれの作り手が咲かせた帯たちの
色と糸との風合いをご紹介いたします。

これから訪れるお花見や春の事始めに
美しく表情溢れる手仕事の帯に触れて
素敵な時間を過ごしていただけたら幸いです。


IMG_6225.jpg


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 09:30 | お知らせ

2017. 03. 12

花束を添えて


IMG_6425.jpg


春のお花屋さんの店先は
色とりどりの花にあふれ
見ているだけで楽しくなりますね
特にスイートピーはこの時期ならではの
せつない優しさに溢れているように思えます。




IMG_6441.jpg


繊細な小さな花ひとつ一つを花束にして
香るようにそっと飾るシルバージュエリー
髪に手を添えたり、首をかしげたり
動くたびにキラリと
花の芯に添えたジルコニアが抑えた輝きを放ちます。


日常の時間に
少しだけおめかしの日に
緻密な細工に秘めた控えめで知的なデザインは
穏やかな日常を丁寧に過ごすことを願うかのように
静かで可憐。


IMG_6433.jpg


様々な始まりに
たくさんの人たちに
素敵な花束を


☆「bouquet」リング・ピアス・ネックレス → tomohito matsubara(銀繊細工)
  繊細工・松原智仁さんのジュエリーラインの新作。
  繊細さに磨きがかかったさらに美しいアイテムが入荷いたしました。
  他のシリーズも届いています。ぜひご覧くださいませ。




「帯の花咲く、弥生・3月」


IMG_6313.jpg


3月のイトノサキでは
季節の花が咲くように
それぞれの作り手が咲かせた帯たちの
色と糸との風合いをご紹介いたします。

これから訪れるお花見や春の事始めに
美しく表情溢れる手仕事の帯に触れて
素敵な時間を過ごしていただけたら幸いです。


IMG_6225.jpg


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ





posted by itonosaki at 17:06 | 日記

2017. 03. 10

光と影のバランス


IMG_6054.jpg


花屋で見かけた早咲きの紫陽花
花びらはライトで浮かび上がり
葉に影を落とす姿が妙に色っぽく感じた





IMG_5954.jpg



IMG_5914.jpg


静かな夜の気配と
かすかに揺れる葉陰

シダの葉の一枚一まいに月明かりが照らされ
葉脈とシルエットを浮かび上がらせている


IMG_5951.jpg


手描きならではの繊細な線は
纏うことで柔らかな流れとなって
上品に女性らしい仕草が際立つ



IMG_5949.jpg



IMG_5955.jpg

*実際に纏うと左脇のみに流れるようなシダ柄が。



☆付下訪問着「シダ舞う」→ 東京手描き友禅・クワバラマキコ
 こちらのお着物は1月の企画展「手描きのハレ支度」の折、少しご紹介いたしましたが、
 全体のイメージをご覧になりたいとのリクエストにて再度ご紹介しております。
 見える角度によって印象が異なる落ち着きのあって華のあるお着物。
 クラシックコンサートやオペラ鑑賞から華やかなお式まで
 季節を問わずお召しいただけます。
 


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ





「帯の花咲く、弥生・3月」

3月のイトノサキでは
季節の花が咲くように
それぞれの作り手が咲かせた帯たちの
色と糸との風合いをご紹介いたします。

これから訪れるお花見や春の事始めに
美しく表情溢れる手仕事の帯に触れて
素敵な時間を過ごしていただけたら幸いです。


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 19:43 | 日記