2017. 03. 29

メンズだって、裾模様があってもいいんじゃない?


穏やかさの中にピリッとスパイスを効かせる糸使いに
いつも魅かれる「Basso conti」

山漆・矢車・ログウッド・・・
草木のいいところを引き出し、
糸味もさりげなくこなれた表情は
いい感じの柔らかさとシャリ感

IMG_6469.jpg

潔く裾のみに配した横段の裾模様は
灰色・空色・白茶色


実はこの紬
メンズだって、
裾模様があってもいいんじゃない?
という作り手の冒険心から生まれた。


IMG_6471.jpg

変わり市松で織られた角帯で
上級者の遊び着に。



IMG_6467.jpg

女性なら
やはり糸の個性を引き出した帯と合わせて
スキッと。


IMG_6476.jpg


シンプルなモノほど
自分らしさが際立つ
女性も男性も
カッコよくね。


☆裾横段着尺「雨水」→ Basso conti (すぎもと早苗)
☆角帯「cappuccino 」→ Basso conti (すぎもと早苗)
☆織八寸「DNAワッフル」→ 藤田織物



「帯の花咲く、弥生・3月」
最終は4月2日まで!


IMG_6313.jpg


3月のイトノサキでは
季節の花が咲くように
それぞれの作り手が咲かせた帯たちの
色と糸との風合いをご紹介いたします。

これから訪れるお花見や春の事始めに
美しく表情溢れる手仕事の帯に触れて
素敵な時間を過ごしていただけたら幸いです。


IMG_6225.jpg


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 22:00 | 日記