2017. 04. 19

風が抜ける風合い

風流に花筏を楽しむ間もなく
いきなりの夏日。。。
色々な意味で追いついていけないここ数日。
この春の目紛しい変化に戸惑うばかりですが、
みなさまはいかがでしょうか。

とはいえ、重いコートを脱ぎ去り、
軽やかなスタイルになるのは嬉しいですね。


IMG_7090.jpg

桜からハナミズキの咲く頃や
夏の終わる頃には
更紗の小紋と
真綿の結城八寸帯を合わせて

IMG_7084.jpg


シャリ感のある薄く透き通った新しい風合いの大島紬地に
更紗柄が清々しく大人の可愛らしさを醸し出し、
この時期に
眺める人も身にまとう人も
爽やかな気持ちにさせてくれます。




IMG_7080.jpg


IMG_7086.jpg


また、ハナミズキから紫陽花が花ひらく頃には
同じ更紗の小紋に
風が抜ける夏帯を合わせて
目に涼しい夏直前の装いを


IMG_7049.jpg


IMG_7050.jpg


涼やかなこんなブルー地の帯を合わせていいかも。



様々な季節を穏やかに心地よく過ごすための
職人の知恵と技が詰まった素材の取り入れ方に
いつも嬉しい驚きを覚えます。


この爽やかな風合いは
触れてこそ実感していただけるかな。
この機会にぜひ。



☆創作大島紬”かげろう”更紗小紋 → 紬のふくはら
☆本場結城紬八寸帯 → 結城 龍田屋
☆織八寸夏帯 → 藤田織物(京都・千藤)
 独特の立体的な織り風が魅力的な藤田織物さんの夏バージョン
 今回も色々なタイプを揃えていただきました。
 中々ご覧いただく機会が少ない織元さんですので、気になる方はお早めにどうぞ。



IMG_7152.jpg


 
初夏のお支度
 「卯月の手仕事」展

 2017年4月14日(金)ー 4月30日(日)


春深く木々の緑が薫るころ
そぞろ歩きもまた楽し


◇手仕事のお品モノ◇
綿絹着尺(綿棉・青梅嶋・綿さつま)・紋紗着尺・手織り八寸帯
手紡ぎ手織りショール・日傘・シルバーアクセサリーなど



*商品の詳細など、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 19:30 | 日記