2017. 06. 23

幻とならないように:素材と作り手を繋ぐこと

空梅雨が続いています。水源は大丈夫??
この夏はどれほど暑くなるのでしょうか。
いまからちょっと心配です。


さて、昨年ご紹介いたしました。希少な「野州麻」の帯
今シーズンもようやく届きました。
*昨年の野州麻についてのブログはこちら☆



IMG_8254.jpg


ハリがあるのに柔軟でしなやかな布味は
触れるたびに感じる穏やかなひんやり感。
苧麻と手紡ぎ木綿の「ぐんぼう」の縞きものを合わせて。
風が通りぬける夏の一番涼しい着姿です。


IMG_8267.jpg



苧麻を育て、績む作り手も少なくなっている今、
さらに深刻なのは「麻(大麻)」のこと。
古来より、日本人の暮らしに寄り添って育まれてきた大麻ではありますが、
昨年の邪な人々の行動によって、大麻栽培に対する規制がさらに厳しくなり、
神事など日本の文化としての「大麻」を継承しようとしている現場にもかなりしわ寄せがきているとのことで、
今回は2点しか織られていません。

そして、この野州麻を織られていた織り手の方も昨年末にお亡くなりになってしまい、
実際、来シーズンの帯を作ることができるかもわからない現状。
本当に幻の帯となってしまうのでは?!という危機感を感じずにはいられません。



IMG_8261.jpg



素材を作ること、モノを作るということ
今日まで繋げてきた色々な事柄は、
時代によって淘汰されていくのも致し方ないことかもしれないですが、
今一度、立ち止まって周りを見渡す時が必要なのではと切に思います。
無くなってしまってから気付いて後悔しないように。



IMG_8264.jpg



☆野州麻八寸帯 → みのる小紋(長島繊維)
 *2点のうちの1点が幸せなことにイトノサキに。。大変嬉しいです。

☆上布「ぐんぼう・縞」→ 染織家・堀口度子
 経糸に手績み苧麻/手紡ぎ木綿、緯糸に手績み苧麻を用いた交織(ぐんぼう)紬。
 南の島の市井の人々が日常着として自分たちで織り身につけていたぐんぼうは、
 着心地良く、袖を通せば通すほど柔らく馴染んできます。
 *2016年度日本民藝館展準入選作品



IMG_8259.jpg



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 18:50 | 日記