2017. 07. 17

7月海の日の風景:ラオスの手仕事 始まっています。


連休最終日は「海の日」
いよいよ夏休みムードになっているようですね。


IMG_8789.jpg


イトノサキでは、昨日16日から「ラオスの手仕事 ナツ展」始まっています。
初日から今日も、布好きさん・手仕事好きさんなどたくさんの方にお越しいただき、
賑やかな店内となり、こちらもなんだか夏休みモード。
みなさま、くつろぎながら楽しんでいらっしゃいます。





IMG_8823.jpg

一見刺繍かとおもいきや
ビーズを織り込んだファブリック



IMG_8815.jpg

縫取りをしながら絣を合わせてヨコ糸を入れていく
途方もなく時間のかかる伝統織物




IMG_8825.jpg



IMG_8828.jpg

紙布織の帯たちは、
ラオスの伝統的な柄を入れつつ、
どこか日本風でもあり、ヨーロッパの織物風でもあり、
不思議な上品さが魅力的です。



細かく分けたら100以上もの少数民族が暮らすラオス
それぞれの手仕事がなんだか愛おしく。



IMG_8802.jpg



それにしても今もどこかで黙々と手仕事を続けている人がいる一方、
少しずつその手仕事がなくなっていっているのも現実
時代に合わせて文化も日々変化していくとはいえ、
少し淋しいと思う今日この頃
今出会うことが出来る手仕事に触れられる機会を
逃さないようにしなくてはと思います。


今回の展示は、明日18日のお休みを挟んで、後半3日間のみ。
あまりご覧いただくことがないラオスの手仕事で生まれたモノたちに
ぜひ会いにきてくださいね。



「ラオスの手仕事 ナツ展」
7月16日(日)〜21日(金)

(期間中18日(火)のみお休み・最終日18時まで)


Hyma・DM カット.jpg


ラオスは多くの少数民族が住む多民族国家。
戦争中は大国の間で翻弄されてきた歴史がありますが、
豊かな自然に恵まれ、今もそれぞれの文化を大切に守り、
穏やかにくらしているラオスの人々。


Unknown-8.jpeg

Unknown-2.jpeg


素材を生かして、丁寧につくられる様々なモノは
人々の暮らしから生まれ人々に寄り添い、
そしてまた次の時代に繋がっていく。
当たり前なことが、当たり前ではなくなってきている今の時代に
ラオスの人々が作り出すぬくもりあるモノたちに触れられることは
とても貴重で嬉しいこと。


Unknown-4.jpeg


Unknown-10.jpeg


Unknown-5.jpeg


使い込むほどに手触り良くなるシルクや綿の伝統織物。
丁寧に編まれた繊細なバックやストールなどとともに
今回は特別にイトノサキセレクトとして
紙布や葛、シナ・ワランなどで織られた帯なども揃えていただきました。


Unknown-9.jpeg



このラオスの手仕事を紹介されている「Hyma」さんも
ラオスの人々の人柄や、その人々が作り出す優しいモノに惹かれ、
ラオスに移り住んでしまったとのこと。
手仕事で生まれるモノには、静かな力がありますね。

この機会にぜひ、日々に寄り添う手仕事に触れてみてください。

Hyma(ヒマ)さん在廊日:7/16(日)・17(月・祝)・20(木)・21(金)



◎プロフィール
【Hyma(ヒマ)】
ラオス各地の昔ながらの手仕事に魅せられて、現在ラオス在住。
年に数回帰国時に、ラオスの手工芸品を紹介するイベントを開催。
2017年1月30日発売「毛糸だま特別編集 世界手芸紀行」(日本ヴォーグ社)に寄稿。
blog:http://hyma-t.blogspot.jp
Instagram:hyma_laos


*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 21:25 | 日記