2017. 10. 31

お知らせ:みなさまに触れていただくチャンスが増えました。

2017年の10月ももう終わり。
この一ヶ月は想像以上に天候が荒れ、
秋晴れの神無月を楽しむことなく過ぎてしまったようです。
自然の営みは、昔々に比べてさらに人知の及ぶところではないと思うばかりですが、
願わくば、すべての人が穏やかで静かな日々を送れるといいですね。

IMG_1401.jpg

↑10月・奇跡の晴れの一日
 空の青さが眩しい!


さて、イトノサキを始めて間もなくの2014年の冬から
少しずつお召しいただく方が増えてきた「カシミヤニットロングカーディガン」
4シーズン目の今年は、日本橋三越本店様ならびに新宿伊勢丹様にて数量限定にてお取り扱いをしていただくことになりました。
*こちらの三越伊勢丹サイトにてご紹介いただいています。

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_4f/hanamusubi/index.html;jsessionid=nry9Z3QQdwQcpkbFV23Y7cn35trGLnCVQmRZlbvT66QjjqbKynJV!122138698

*両店舗限定カラーもご用意しています。


実用且つ気負わず羽織れるアイテムを長い間探していたところ、
カシミヤニットブランド「naoco」さんのオリジナルアイテムに出会い、
着物にも洋服にもお洒落に着ることができるようバランスを考え、
デザインアップして生まれたこのカーディガン
優しい素材感とふわりとした着心地をたくさん方に気に入っていただいている様子に
とても感激しております。



IMG_0850.jpg



ひとつのモノを大切に丁寧に日々を過ごせたらと思っています。
多くの方にこのアイテムが長く寄り添う大切なひとつのモノになっていただけたら幸いです。


引き続き、11月12日まで、
年内最終「カシミヤロングニットカーディガン」オーダー受付中です。
この機会に一度羽織ってみてくださいませ。


*商品のお渡しは12月下旬となります。
*店頭には商品サンプル・糸見本帳をご用意していますので、風合いなどお確かめいただき、お好きなカラーでオーダーしていただけます。



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ



11/2からはこちらが。


「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展
  2017年11月2日(木)ー 11月5日(日)




11月縦DM絵柄面.jpg


無農薬で育てられた綿花を
昔ながらの糸車を使い
人の手で丁寧に紡いでできる優しい風合いの糸と布。
使えば使うほどふわりと空気を含み柔らかい肌触りの手つむぎコットン。

春にご紹介した「YUKASHINA」のコットンストール製品を中心に、
この心地よい素材を生かして作られる日々に寄り添う
手つむぎアイテムに触れていただくスペシャル企画の4日間。


◇手つむぎのお品モノ◇
手織りストール、ブランケット、カットソーWEAR、
手つむぎ糸/各色(100g単位)など 
すべてオーガニック手つむぎ糸を使用した製品(糸)です。
また、すでに織り上げられたストール商品の他に
お好きな色柄でオリジナルストールオーダーもしていただけます。


秋から冬へと移り変わる季節。
身近な大切な人へ、自分自身へと
この優しい風合いを贈ってみては如何でしょうか。



【YUKASHINA(ゆかしな)】
織物や編物、陶器、木工、絵画やイラスト作品を応用した手仕事を中心にしたブランド。
作り手は主に福祉施設に通う障がいのある人たち
彼らの生み出すモノは、ゆかしく心惹かれます。


*天然UVカット・紫外線遮蔽率95%
無農薬のコットンには、ふわふわの綿が赤ちゃんを包むおかあさんのように紫外線から中の種子を守るという天然の力が備わっていて、糸のムラ、織りのムラによる凸凹も紫外線を遮蔽する効果も。

*今回の糸に使用の染料は、*アゾ化合物を使用しないアゾフリーの反応染料と天然染料の2種類。
生成り・茶綿は自然のまま染色はしていません。
*アゾ染料=その発ガン性など人間の体や、環境に有害な影響があると問題視されていて、
日本では昨年2016年より販売規制されています。

posted by itonosaki at 03:38 | お知らせ

2017. 10. 28

赤い実の季節


IMG_1504.jpg


通りすがりの庭先に赤い実が可愛いいソヨゴの木を発見
葉っぱ同士がこすれてシャラシャラと
葉の形が風にそよいでいるみたいなのでソヨゴと云うらしい
これからの季節は赤い実のなる木々が多くなる時期
なんだかほっこり暖かい秋から冬の景色も結構好きです。

しかし、今シーズンは無邪気に秋晴れを楽しむ日がほとんどなく
雨、雨、雨。
さすがに飽きてしまいました。。。。


IMG_1514.jpg


お気に入りのピアスを身につけて
温かいカシミヤを羽織って秋晴れに出掛ける
そんなシュミレーションを楽しむ今日この頃。
お天気にならないかなあ〜。


明日29日(日)の営業時間はは15時〜19時となります。


☆色漆パールピアス → KARAFURU
☆カシミヤニットロングカーディガン →イトノサキオリジナル( naoco × itonosaki コラボアイテム)
 引き続き、カシミヤニットロングカーディガンオーダー今年最終受付11/12まで
  *今回受注分の商品のお渡しは12月下旬となります。
  *店頭には商品サンプル・糸見本帳をご用意していますので、風合いなどお確かめいただき、お好きなカラーでオーダーしていただけます。



IMG_0838.jpg



そしてそして来週からです。



「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展
  2017年11月2日(木)ー 11月5日(日)



11月縦DM絵柄面.jpg


無農薬で育てられた綿花を
昔ながらの糸車を使い
人の手で丁寧に紡いでできる優しい風合いの糸と布。
使えば使うほどふわりと空気を含み柔らかい肌触りの手つむぎコットン。

春にご紹介した「YUKASHINA」のコットンストール製品を中心に、
この心地よい素材を生かして作られる日々に寄り添う
手つむぎアイテムに触れていただくスペシャル企画の4日間。


◇手つむぎのお品モノ◇
手織りストール、ブランケット、カットソーWEAR、
手つむぎ糸/各色(100g単位)など 
すべてオーガニック手つむぎ糸を使用した製品(糸)です。
また、すでに織り上げられたストール商品の他に
お好きな色柄でオリジナルストールオーダーもしていただけます。


秋から冬へと移り変わる季節。
身近な大切な人へ、自分自身へと
この優しい風合いを贈ってみては如何でしょうか。



【YUKASHINA(ゆかしな)】
織物や編物、陶器、木工、絵画やイラスト作品を応用した手仕事を中心にしたブランド。
作り手は主に福祉施設に通う障がいのある人たち
彼らの生み出すモノは、ゆかしく心惹かれます。


*天然UVカット・紫外線遮蔽率95%
無農薬のコットンには、ふわふわの綿が赤ちゃんを包むおかあさんのように紫外線から中の種子を守るという天然の力が備わっていて、糸のムラ、織りのムラによる凸凹も紫外線を遮蔽する効果も。

*今回の糸に使用の染料は、*アゾ化合物を使用しないアゾフリーの反応染料と天然染料の2種類。
生成り・茶綿は自然のまま染色はしていません。
*アゾ染料=その発ガン性など人間の体や、環境に有害な影響があると問題視されていて、
日本では昨年2016年より販売規制されています。



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 15:31 | お知らせ

2017. 10. 25

11月企画第1弾「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展


「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展
  2017年11月2日(木)ー 11月5日(日)



11月縦DM絵柄面.jpg


無農薬で育てられた綿花を
昔ながらの糸車を使い
人の手で丁寧に紡いでできる優しい風合いの糸と布。
使えば使うほどふわりと空気を含み柔らかい肌触りの手つむぎコットン。

春にご紹介した「YUKASHINA」のコットンストール製品を中心に、
この心地よい素材を生かして作られる日々に寄り添う
手つむぎアイテムに触れていただくスペシャル企画の4日間。


◇手つむぎのお品モノ◇
手織りストール、ブランケット、カットソーWEAR、
手つむぎ糸/各色(100g単位)など 
すべてオーガニック手つむぎ糸を使用した製品(糸)です。
また、すでに織り上げられたストール商品の他に
お好きな色柄でオリジナルストールオーダーもしていただけます。


秋から冬へと移り変わる季節。
身近な大切な人へ、自分自身へと
この優しい風合いを贈ってみては如何でしょうか。



【YUKASHINA(ゆかしな)】
織物や編物、陶器、木工、絵画やイラスト作品を応用した手仕事を中心にしたブランド。
作り手は主に福祉施設に通う障がいのある人たち
彼らの生み出すモノは、ゆかしく心惹かれます。


*天然UVカット・紫外線遮蔽率95%
無農薬のコットンには、ふわふわの綿が赤ちゃんを包むおかあさんのように紫外線から中の種子を守るという天然の力が備わっていて、糸のムラ、織りのムラによる凸凹も紫外線を遮蔽する効果も。

*今回の糸に使用の染料は、*アゾ化合物を使用しないアゾフリーの反応染料と天然染料の2種類。
生成り・茶綿は自然のまま染色はしていません。
*アゾ染料=その発ガン性など人間の体や、環境に有害な影響があると問題視されていて、
日本では昨年2016年より販売規制されています。



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 10:35 | お知らせ