2017. 10. 07

日常のゴージャス

秋の3連休
ゆったりお過ごしでしょうか?

さて、さて
夕暮れが早くなるこの時期
秋の夜長に映える装いなど。



IMG_1272.jpg



IMG_1283.jpg


クリスタルのカケラには金漆
細密なアラベスク模様の染帯に施された手刺繍
柔らかくシックな自然の色を抽出したシルクストール

いずれも細やかな手業によって生み出された
ゴージャスにして繊細な秋の取り合わせ




IMG_1277.jpg


秋が深くなるにつれ
少し華やかなシーンが多くなってきます。


奥ゆかしく煌めく上品な装いで出かけてみたくなる
そんな気分の秋。


☆染九寸帯「アラベスク」→「みのる小紋」(長島繊維)
☆クローツピアス「エスプリ」→ 漆工芸大下香仙工房(classic ko)
☆草木染め手織ストール → Basso conti(すぎもと早苗)



☆お知らせ☆

明日8日(日)は臨時休業です。
代わりに9日(月・祝)は振替営業(11時〜19時)いたします。
3連休最終日、ゆるりと遊びにいらしてくださいね。





そして、12日からのお楽しみ

松永恵梨子 小紋染展
2017.10.12 (木) − 10.16(月)
*期間中お休みはありません。
*最終日:16:00まで。




matsunaga eriko DM.png




主に伊勢型紙を使い、自由に且つ大胆に型染を楽しむ松永恵梨子さん。
今回初めて単独でのデビュー展となります。

全日、ご本人も在廊予定です。
江戸小紋の染工所で経験を積んだ細やかな技術と
現代的な色使いに新しい風を感じるのではないでしょうか。
秋のひと時お運びいただけましたら幸いです。


松永恵梨子 
<プロフィール>
1982年 東京生まれ
2004年 大学卒業後、江戸小紋の染工所に就き、
     伝統工芸士石塚幸生氏から江戸小紋を学ぶ
2016年 山梨,白州にアトリエを構え個人活動を開始
              型紙を使って着尺や帯、暖簾などを染める
     「カタコトの会」参加



*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 18:16 | お知らせ