2018. 01. 24

さらにその先の季節を:江戸小紋の広がりをご覧ください。


IMG_3332.jpg



今期一番の寒さの中、

啓翁桜 咲く店内は一足お先に春到来。

本格的な春に向けて袖を通してみたい江戸小紋の
美しく繊細な世界が広がりました。




IMG_3343.jpg


IMG_3313.jpg



柔らかく肩から流れる染めのたおやか表情と
美しく透明感のある色合い

時に小ワザの効いた面白い柄など
江戸小紋染めの多種多様な広がりを感じます。




IMG_3273.jpg


IMG_3275.jpg



その中でもさらに季節の先を行く夏揃え

濃紺の網目模様が小粋な絹紅梅に

ノアールな朝顔の手描き友禅帯を合わせて


IMG_3271.jpg


IMG_3268.jpg



ともに東京生まれの染仕事
透ける素材をより涼しげな表情に染めて
夏の風情が香る大人の揃えです。



まだまだ寒い時期ですが、
少し先の心地よい季節に合わせて
この機会に伝統の手仕事に触れてみてはいかがでしょう。



☆江戸小紋・着尺/染九寸→小紋廣瀬(廣瀬雄一)
☆夏染九寸「朝顔」→ 東京手描き友禅・今井晴子


「江戸小紋・廣瀬展」
 2018年1月24日(水)ー 1月28日(日)


言わずと知れた江戸小紋
しかし多くの方が知っているのはほんの一部に過ぎません。
時代の職人たちが自由な発想でデザインした希少な型は実はまだまだあります。

イトノサキOpen当初からご紹介しています小紋・廣瀬では
代々受け継がれてきた何千という希少な型を所有。
四代目伝統工芸士・廣瀬雄一さんを中心に
この様々な型を丁寧な職人技で染め上げ、
伝統文化を次の世代へつなげています。


折しも今年は、工房創立100周年の記念すべき年
古くて新しい江戸小紋の世界に触れていただき
あらためて伝統の職人技をご覧いただけましたら幸いです。


☆27日(土):四代目廣瀬雄一さん在店
別お誂えのご相談や江戸小紋についてなど色々お話を伺えます。



◆職人技のお品モノ◆
江戸小紋着尺・小紋染め帯・comment?ストール。
江戸小紋にコーディネートできる織八寸帯・帯留など。


廣瀬染工場・廣瀬雄一さんについては
イトノサキHP内のartistページでご紹介しています。



*展示のこと、商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 19:27 | 日記

2018. 01. 23

江戸小紋揃い踏み:明日24日から。

未だ昨日の雪がそこかしこに残る南青山ですが、
気分は季節の先取り。
明日からの「江戸小紋・廣瀬展」
準備整いました。


IMG_3302.jpg


一つひとつの柄には
それぞれの謂れが。

そんなことを考えながら眺める江戸小紋には

いつも新鮮な驚きと きづきがあります。


IMG_3268.jpg


IMG_3277.jpg


イトノサキ好みの小粋な柄に いくつもの上品な色・柄。
実は今回の染めによって
その型がもう使えなくなってしまった柄も何点かあるとのこと。
あまりに細かく繊細なその柄は多分復刻も出来ず
もう二度と見ることも出来なくなるかもという希少なモノ。。

百聞は一見に如かず
ご自分の目で見ることができるのならば
ぜひ確かめてほしいなと切に思います。


IMG_3283.jpg



「江戸小紋・廣瀬展」
 2018年1月24日(水)ー 1月28日(日)


言わずと知れた江戸小紋
しかし多くの方が知っているのはほんの一部に過ぎません。
時代の職人たちが自由な発想でデザインした希少な型は実はまだまだあります。

イトノサキOpen当初からご紹介しています小紋・廣瀬では
代々受け継がれてきた何千という希少な型を所有。
四代目伝統工芸士・廣瀬雄一さんを中心に
この様々な型を丁寧な職人技で染め上げ、
伝統文化を次の世代へつなげています。


折しも今年は、工房創立100周年の記念すべき年
古くて新しい江戸小紋の世界に触れていただき
あらためて伝統の職人技をご覧いただけましたら幸いです。


☆27日(土):四代目廣瀬雄一さん在店
別お誂えのご相談や江戸小紋についてなど色々お話を伺えます。



◆職人技のお品モノ◆
江戸小紋着尺・小紋染め帯・comment?ストール。
江戸小紋にコーディネートできる織八寸帯・帯留など。


廣瀬染工場・廣瀬雄一さんについては
イトノサキHP内のartistページでご紹介しています。




*展示のこと、商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 20:14 | お知らせ

2018. 01. 20

カメリアに寄せて

お庭の椿をいただきましたきらきら
白はもちろん紅色や斑入りのものまで色々と。
お花 嬉しいです。

IMG_3235.jpg


草花を見るにつけ、
自然の造作の美しさに魅入ってしまいます。

可憐な草花を結い上げた髪に飾るように
蒔絵のかんざしをそっと飾って春のお支度を。



IMG_3232.jpg


細かな夜光貝の欠片を一つひとつ施し、
枝葉の描写はか細く繊細な葉脈の線を描く
白蝶貝の空に映える季節の風景

後れ毛を掻き上げる手の先に
ふと見える慎ましやかなかんざし
美しいですね。




IMG_3138.jpg


自然の葉っぱを写した長皿には
朝露のような青い釉薬

藍染した極細のレース糸は細やかな手業によって
熟す前の木の実のよう



自然からのインスピレーションが溢れています。



常設展示では春のお支度へ。
季節はどんどん進みます。




☆蒔絵かんざし→ classic ko (大下香仙工房)
☆草木染めストール → Basso conti (すぎもと早苗)
☆白雪釉葉文細長皿 → 音彩工房・加藤音
☆本藍染レース編みピアス → FUJITAMIHO


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ




24日からはこちら。

「江戸小紋・廣瀬展」
 2018年1月24日(水)ー 1月28日(日)


言わずと知れた江戸小紋
しかし多くの方が知っているのはほんの一部に過ぎません。
時代の職人たちが自由な発想でデザインした希少な型は実はまだまだあります。

イトノサキOpen当初からご紹介しています小紋・廣瀬では
代々受け継がれてきた何千という希少な型を所有。
四代目伝統工芸士・廣瀬雄一さんを中心に
この様々な型を丁寧な職人技で染め上げ、
伝統文化を次の世代へつなげています。


折しも今年は、工房創立100周年の記念すべき年
古くて新しい江戸小紋の世界に触れていただき
あらためて伝統の職人技をご覧いただけましたら幸いです。


☆27日(土):四代目廣瀬雄一さん在店
別お誂えのご相談や江戸小紋についてなど色々お話を伺えます。



◆職人技のお品モノ◆
江戸小紋着尺・小紋染め帯・comment?ストール。
江戸小紋にコーディネートできる織八寸帯・帯留など。


posted by itonosaki at 16:39 | 日記