2018. 02. 08

本日8日は15時からの営業となります。

立春になりましたが、まだまだ寒い朝
南青山も空気がピリリと痛い感じです。。。



IMG_3583.jpg



それでも春はじわじわ近づいてきています。
気持ちも新たに
素敵なガラスのキルトピンと
柔らかなショールをお供に
春のお出掛け計画を今からたてたいですね。


本日8日は都合により15時からの営業となります。
お出かけ予定のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。


☆ガラスキルトピン →ガラス作家・矢野容子
☆ソズニ刺繍ショール → nukuiro(イトノサキモデル)



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 10:25 | お知らせ

2018. 02. 03

節分と立春・2月の営業予定など

今日は「節分」
厄払いの豆まきは結構楽しいのですが、
終わった後の豆拾いがちょっと大変。。。


IMG_3561.jpg


そういえば、「恵方呑み」と言う言葉を最近耳にします。
恵方巻と同じく、恵方(歳徳神という福を司る神様がいる吉方)を向いて、
心を落ち着けて、願い事をしながらことを行う(飲めば)万事が吉となる風習。
これは日本酒の蔵元さんが恵方巻きにあやかり後々に考えられたことらしいのですが、
案外、季節の行事的には理にかなっているようで。


古来日本では、旧暦(月の満ち欠けと太陽の動きに合わせた暦)で
日々の暮らしを考えていました。
しかし厳密には季節と月日のズレがどうしても出てくるので、
古代中国で考えられた二十四節気の暦を取り入れ、
あらゆる行事を行い季節の目安としています。

その上で前の季節の厄を祓う今日の節分と
新しい一年を始める明日の立春
季節ごと、節目ごとに神々にお酒や食べ物をお祀り(お祭り)して
また日々の平穏を願う


自然の摂理の中で慎ましやかに暮らす人々の知恵は
今の時代になっても変わらず
とても健気であることに少し安堵する2月3日は
盃のネックレスとピアスを。



IMG_3546.jpg



極細のチェーンは主張せず時折鎖骨に見え隠れするかのような光を放ち、
盃のトップはウラとオモテの両方の表情を楽しめる。


そして静かに主張するピアスの存在感


IMG_3541.jpg


覚悟や決意などの意を込めてイメージしたモチーフは
呑みほさなければ下に置けず
ずっとずっと呑み続けなければいけない可杯(べくはい)のデザイン


小粒でありながら存在感のあるジュエリーは
本物の素材で遊び心を表現する大人ならでは。



このジュエリーを素知らぬ顔で身につけて
ちょっと飲みに行きたいなぁ。



☆盃ピアス・ネックレス(K18イエローゴールド):ense jewelry
*モチーフ(ネックレス/ピアス共):高さ:約6.0mm×幅:約6.0mm・厚さ:約2.7mm
*チェーンの長さ:約40センチ



そして2月の営業予定のお知らせです。

【今月の企画】
☆2/23〜3/4:季節の「ハレ」展


【営業予定】
1(木)・2(金)・3(土)・4(日) → 11時〜19時
5(月) ・6(火) → 定休日
7(水) → 11時〜19時
8(木) → 15時〜19時
9(金)→ 11時〜17時
10(土) ・11(日) → 11時〜19時
12(月・祝) ・13(火) → 定休日
14(水) → 11時〜19時
15(木) →臨時休業
16(金) ・17(土) ・18(日) → 11時〜19時
19(月)・ 20(火) → 定休日
21(水) ・22(木) ・23(金)・24(土)・25(日) → 11時〜19時
26(月)・ 27(火) → 定休日
28(水) → 11時〜19時


企画展以外は常設にて展示営業しています。
一部営業時間が変更となっている日もありますが、
日時等お確かめの上、お出かけくださいませ。


*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 15:39 | お知らせ

2018. 02. 01

如月になりました:気持ちは桜咲く春へ。

如月初日は真冬らしい空から。
南青山もみぞれ混じりの雨から雪に変わりそうな寒さです。
この寒さ あともう少しの辛抱だと思いたい!

さて、前回ちらっとお見せした小粋な揃え
来る春に思考を飛ばして気持ちだけでも暖かなイメージを。



IMG_3508.jpg


IMG_3515.jpg


江戸小紋は茶色味のある深い紫に不規則な「格子柄」
細やかな点と線に立体感があり
遠目で見ると一見、織りの紬にも見えたりします。



IMG_3522.jpg


IMG_3521.jpg


合わせた手描きの九寸は「春宵」
しっとりとした夜の空が
枝垂れ桜の花びらに映り紫色に変わる
宵の時間の一瞬



IMG_3519.jpg


IMG_3525.jpg



女性のうちに秘めた艶感が
ちらりと見え隠れする江戸モノ同士の取り合わせは
作為なくしっくりくるなあ。



☆江戸小紋着尺「格子」 → 小紋・廣瀬(四代目 廣瀬雄一)
☆染め九寸「春宵」→東京手描き友禅・今井晴子




*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ






posted by itonosaki at 14:01 | 日記