2018. 02. 21

「ハレ」を探しに。

お庭に咲いていたスイセンをお土産にいただきました。
ありがとうございます♪

店内は柔らかく優しい香りに包まれ

春はもうすぐというのを実感します。


IMG_3872.jpg






透明感のある極々薄い羽二重の生地を
繊細な手仕事で花びらひとつ一つを
丁寧に集めて形作るつまみ細工


171029_227.jpg


和と洋のバランスのとれたデザインは
着物にもドレスにも「ハレ」気分で身につけることができます。






IMG_3883.jpg


ごく淡い露草色に控えめな刺繍付下げ
万能さんの宝尽くし文様は取り合わせる帯や小物次第で
入学式・雛祭りパーティー・歌舞伎鑑賞など
控えめに「ハレ」の気持ちを表してくれます。



次の季節が待ち遠しい如月半ば過ぎ
今週末 「ハレ」を探しにお出かけください。



☆つまみ細工かんざし → つまみ細工・桜居せいこ
☆刺繍付下げ・上代御召紬 →秦流舎(京都)



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ






2月企画
「季節のハレ展」
2018年2月23日(金)ー 3月4日(日)

お正月・雛祭り・端午の節句にお花見・お月見・七五三。。。

古より「ハレ」(非日常)と「ケ」(日常)を過ごすことで季節を感じ、
日々を豊かに過ごしてきた日本の人々

四季折々に行う様々な「ハレ」
また節目節目に迎える特別な「ハレ」
ちょっとしたご褒美としての「ハレ」
たくさんの「ハレ」を彩り慈しむ気持ちを育み
またその先へと繋げていきたい。

2018.2月絵柄面W.jpg



イトノサキ的に考える
「ハレ」を楽しむ手仕事のお品モノの揃え(着物・帯・アクセサリー・器)からお選びいただけるほか、
色無地・七五三の揃え・綴れ帯・つまみ細工かんざし/コサージュなど
それぞれの作り手にご相談しながらのオンリーワンのお誂えもいたします。

*お誂えに関しては、細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
自分だけの「ハレ」の日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切なあなただけのアイテムをお作りいたします。



毎日の暮らしの中の「ハレ」を大切に
それぞれの「ハレ」に合わせたお支度を
楽しむお手伝いができましたら幸いです。



◎在店予定◎
東京手描友禅・クワバラマキコさん:2/24(土)終日、2/28(水)11〜16時半      
つまみ細工・桜居せいこさん:2/23(金)午後〜、2/24(土)15〜19時、3/3(土)11〜16時
服部綴れ工房・服部紘樹さん:2/25(日)終日



【オーダーの場合の流れ】
@お誂えしたいアイテム(着物・帯・被布・かんざしなど)・用途(七五三・結婚式・お花見・夏単衣に合わたいなどなど)イメージする色/柄/モチーフをお聞かせください。
Aお聞きしたイメージ・アイテムを検討し、大枠のお見積もりをさせていただきます。
Bお見積もりをご承諾いただいた後、ラフ画・配色など1〜3回の打ち合わせを重ねて実際の作業に入ります。
Cアイテムにもよりますが、作業開始から約2〜5ヶ月後の出来上がり予定です。

作り手在店日以外でもご相談・オーダーは可能です。
色々なオーダーができますので、まずはご相談くださいませ。



*展示についてや商品の詳細などお問い合わせはこちらへ




posted by itonosaki at 19:04 | お知らせ