2018. 05. 14

後半も穏やかな手仕事がお持ちしています。


IMG_5923.jpg


さて、前半3日間のラオスの手仕事展には、
「ラオスの織物って?」と興味津々な方や
ラオスに訪れその魅力にはまった方など
多くの方にお運びいただいております。



IMG_5924.jpg

自分たちで綿を育て、紡ぎ、染めて、織るコットンストールやタオル




IMG_5896.jpg

近道せずに丁寧に仕上げた葛の糸で織られる八寸帯




IMG_5925.jpg

泥や藍、ジャックフルーツなど
身近な素材を使って多種多様な色を表現する綴れ織りのラグやタペストリー



IMG_5879.jpg




それぞれの民族の独特な意匠ながら
個性的になり過ぎることのない風合いにどこか懐かしさを感じ
淡々と自分たちの守ってきた生活の中の装飾に
いずれの方もその手仕事の繊細さと穏やかさに魅入られてしまいます。


後半の15日〜17日もゆっくり優しい手仕事に触れていただけます。
この機会にぜひ御運びくださいませ。




世界の手仕事にリスペクト!
「ラオスの手仕事展 風と土」
 後半15(火) 〜 17日(木)
*17日最終日は17時まで



企画・Hyma(ヒマ)
ラオス各地の昔ながらの手仕事に魅せられて、現在ラオス在住。
年に数回の帰国時にはラオスの手工芸を紹介するイベントを開催。
Web : http//www/hyma-handcraft.com
instagram : hyma_laos



*展示会のこと、商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 13:00 | 日記