2018. 06. 14

やんばるの自然から:森風

そしてそして、
紅型もイトノサキ好みで。



IMG_6541.jpg


IMG_6533.jpg



紅型特有の隈取りというぼかしの染めに浮かぶ
沖縄特有のトンボや巨大なシダ植物


IMG_6540.jpg



白をより白く見えるように周りの色を鮮やかに表現するびんがた



IMG_6534.jpg


伝統的な色を守りつつ、
天然顔料を擦りながら
彼女ならではの優しさを含んだ色を加えて
また新しいびんがたの世界を垣間見せてくれています。



IMG_6474.jpg
*こちらは蜂の巣をモチーフにしたデザインの型


色々な染めの技法がありますが、
琉球びんがたの染めは、大変行程が多く染め上がりまでかなり時間を要し、
そのほとんどすべての行程を一人で行います。


☆琉球びんがたの行程☆
図案→→型彫り→型置き→地入れ→色差し→二度刷り→隈取り→蒸し→洗い→
→糊伏せ→地入れ→地染め→蒸し→洗い→完成


いやはや、どんな手仕事も一朝一夕にはいかない日々の積み重ね。。。
素晴らしいです。



IMG_6538.jpg



IMG_6542.jpg





毎日が発見と楽しく話す作り手は
日々暮らす”やんばる”の景色を紅型へ映し、
あらためて大いなる自然に感謝をする
そんな気持ちがとても素敵でチャーミングな職人です。



☆紅型染九寸「森風=muikaji=ヒカゲヘゴ柄」(紬地)→ 琉球びんがた作家・宮城友紀
 沖縄の自然と紅型に魅せられ沖縄へ。知念績元氏に師事。2011年独立。
 現在「天底びんがた工房」として活動。
 やんばるの植物や生き物からインスピレーションを得て、
 優しく美しいびんがた作品を制作されています。




6月企画
「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)ー 6月17日(日)



◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ




posted by itonosaki at 12:00 | 日記

2018. 06. 13

短夜

さてさて、引き続き後半の「南の風・紅型と自然布」展

梅雨の晴れ間はちょっぴり蒸し暑く
体にまとわりつくこの湿気を含んだ空気が
早くカラッとした空気に変わることを願いつつ
自然の布に触れています。



IMG_6477.jpg



IMG_6490.jpg


手績み手織りの上布の着物に
手紡ぎ大麻に
浮かび上がる墨月の帯




IMG_6487.jpg


IMG_6480.jpg


琉球藍の格子模様は
そこはかとない大人の可愛さが見え隠れし




IMG_6492.jpg



IMG_6484.jpg


自然の色そのままの大麻の糸は
一本一本微妙に異なり
そのかすれた表情は暁の空か
夕暮れ時の空か。



とある夏の日の
とある時間
静かな月の宵




IMG_6472.jpg




明日14日は新月
また少しずつ月が膨らみ
静かな明かりを放っていきます。
月明かりの下、
夕涼みを楽しみたい今日この頃



☆上布着尺→ 染織家・堀口度子
   数十年前に沖縄へ渡り、八重山や宮古の染織りを学び
   長年、織りを続けられている東京で唯一、上布を織る作家
   2014年度日本民藝館展 奨励賞受賞

☆大麻八寸帯「墨色の月」→ 染織家・西川はるえ(Textile cocoon)
   主にネパール産のいらくさ(アロー)やヘンプ(大麻)という独特な素材を使い、
   自然そのままの風合いをいかしながら、凛とした強さのある織物を作る作り手





6月企画
「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)ー 6月17日(日)



◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 20:24 | 日記

2018. 06. 10

雨ですが、、、南の風は優しいです。

「南の風・紅型と自然布」展も3日目の日曜日
1日中雨降りでしたが、
お足元の悪い中お越しいただいた方々には、
穏やかでゆっくりとした時間を過ごしていただきました。



IMG_6397.jpg



昨日の土曜日も真夏を思わせる日差しの中
多くの方にお運びいただき南の国の手仕事を楽しんでいただけて嬉しい限り。
思っている以上に、
紅型のこと、苧麻のこと、草木染のことなど独特な沖縄の手工芸に惹かれているようです。



IMG_6446.jpg


土曜日在店されていた琉球びんがたの宮城友紀さん
ご自分で染めた帯を素敵に可愛らしく着こなしていましたね。






IMG_6445.jpg


ヒカゲヘゴという沖縄独特の巨大な植物が生える森に生きる
リュウキュウハグロトンボなどをモチーフにした帯




IMG_6455.jpg


限りなく透明に近いか細い苧麻や絹糸を
美しく鮮やかに草木で染めた
羽衣のように軽いストール



産地特有のテイスト・技術を残しつつ、
それぞれの暮らしに寄り添う柔らかく優しい雰囲気が
心地よく、色・素材・テクスチャーから
ふわりと南の風を感じます。


IMG_6413.jpg



さて、展示会期は17日までですが、
手のかけられた希少なモノは、旅立ちも早いようです。
気になっている方、お早めにご覧になられた方がいいかもしれませんね。。。



*11・12日は定休日となっておりますので、お間違いなく。





6月企画
「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)ー 6月17日(日)





2018.6月W横DM絵柄面.jpg




◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 21:22 | 日記