2018. 10. 30

緊急告知:2018年 年内最終「カシミヤロングニットカーディガン」オーダー受付

さて、明後日は11月・霜月に入ります。
思いの他暖かい日が続いた今年
ここ数日になって昼間は日差しが緩やかなものの、
ようやく朝晩が冷えるようになってきました。

それに合わせて、カシミヤカーディガンのお問い合わせも度々。
そこで、11月1日より、年内最後のオーダー受付をすることといたしました。
受付期間は、今年中にお渡しできるギリギリ18日までとなります。


IMG_0840.jpg


風が冷たく感じ始める秋から、寒さが残る春先までお召しいただける心強いアイテムです。
気になっていたけれど、、、という方も
今年最後のチャンスを逃さないようぜひこの機会をご活用くださいませ。


カシミヤロングニットカーディガン・2018最終オーダー受付
《特別受注期間》11月1日(木)〜11月18(日)まで
*期間中の月・火の定休日、および17日(土)は受付は出来ません。



*商品のお渡しは12月下旬となります。
*店頭には商品サンプル・糸見本帳をご用意していますので、風合いなどお確かめいただき、お好きなカラーでオーダーしていただけます。


IMG_8231.jpg


*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ
posted by itonosaki at 15:11 | お知らせ

2018. 10. 28

秋の眺め・そろそろ霜月


昼間の日差しに騙されて
夜の帳が落ちる頃には肌寒く感じられ。

そういえば、もうすぐ霜月




IMG_9180.jpg



IMG_9187.jpg

秋の長雨の露に濡れた黄金のすすきの穂
漆の艶やかさと景色を切り取った意匠が美しいお棗



IMG_9182.jpg

すすきの別名は露見草、乱れ草とも言われ
なんとも艶っぽく
日本人ならではの風情を楽しむ気持ちが感じられます。





IMG_9288.jpg

流線の地紋に少しの銀糸を織り込んである帯地に
色とりどりの落ち葉



IMG_9294.jpg

雨が止んだすぐ後に残る紅葉が
柔らかい太陽の光に照らせれ
露がキラリと光る


季節それぞれの景色の楽しみ方
色々なり。


☆武蔵野蒔絵彫溜大棗:漆工芸 大下香仙工房
☆染め九寸「霜月」:東京手描き友禅・今井晴子
☆着尺/お召:秦流舎


IMG_9157.jpg




2018年10月26日(金)ー 11月3日(土)
『漆のうつわ・もうひとつの Classic Ko』3rd exhibition
  漆工芸 大下香仙工房




イトノサキでも都度ご紹介している
モダンで美しい蒔絵ジュエリーと漆のうつわ
『Classic Ko と KOUkoubou』
どちらも大下香仙工房の作り出す独特な世界に心惹かれます。

伝統の漆工芸をさりげなく日々の暮らしに取り入れる出会いの時間となります。
永く寄り添う大切なモノを探しにお出かけください。


*展示・商品についてなどお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 20:55 | お知らせ

2018. 10. 26

モダンと優雅な趣:本日よりスタート

神無月最期の企画・漆の景色
本日26日よりゆるりとスタートしました。

IMG_9225.jpg




IMG_9236.jpg




IMG_9219.jpg


山帰来の絵柄が静かで優雅な趣を見せる
お棗と合子





IMG_9246.jpg



螺鈿の欠片も美しく
日本独特の蒔絵の技術で驚くほど
モダンで洒落たかんざしやブローチたち


事細かに言うまでもなく
「美しい」という言葉が自然と湧き上がり
魅入ってしまいます。



IMG_9154.jpg


IMG_9228.jpg


百聞は一見にしかず。
この機会を逃さないように。


☆山帰来合子
☆山帰来蒔絵大棗
☆簪・Deco palm RADEN wave
☆ブローチ・antique Willow
☆ブローチ・Blue shell blossom white



2018年10月26日(金)ー 11月3日(土)
『漆のうつわ・もうひとつの Classic Ko』3rd exhibition
  漆工芸 大下香仙工房




イトノサキでも都度ご紹介している
モダンで美しい蒔絵ジュエリーと漆のうつわ
『Classic Ko と KOUkoubou』
どちらも大下香仙工房の作り出す独特な世界に心惹かれます。

伝統の漆工芸をさりげなく日々の暮らしに取り入れる出会いの時間となります。
永く寄り添う大切なモノを探しにお出かけください。


*展示・商品についてなどお問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 20:43 | 日記