2019. 03. 14

綾織の奥行き

IMG_1583.jpg


春の霞の向こうに臨む菜の花畑
時折見え隠れする藍の影


IMG_1457.jpg

IMG_1466.jpg


八枚綜絖の織りなす糸の重なりは
想像以上のしなやかさと奥行





IMG_7984.jpg

綾織の時に使う機
もともとは綴れ織機だったものを6・8枚綜絖の組織織りができるように改良に改良を重ねて
独自の綾織を表現しています。
ご本人の織りの歩みとともに使い込まれメンテナンスされ、同志のような存在なのでしょうね。
(その構造は複雑で一度伺っただけでは中々理解できずですが。。。)



IMG_1453.jpg



締めて尚しなやかさを感じる風合いは
その人それぞれに寄り添う表情に育っていくのだろうな。


IMG_1464.jpg


☆八枚綾斜文八寸帯:土佐手縞・福永世紀子



「小粋に・木綿好み」
3月8日(金) – 3月17日(日)



春一番に
丹波布に魅了され自然の素材を愛おしみながら、
見て心落ち着き、触れて心地よい織りを追求してやまない
土佐手縞の福永世紀子さんの木綿帯を中心に
小粋でスマートな木綿帯スタイルをイトノサキ的にご紹介
これからの季節を織りの風合いとともに楽しんでいただけましたら幸いです。



【お品モノ】
木綿帯(丹波布/八寸・半幅・九寸)・木綿帯いろいろ・御召・三才山紬・春小物




*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 21:10 | お知らせ