2019. 03. 20

春分の日の頃

春分の日の前
道行く人たちから
どこかそわそわしてゆるい休日直前の空気感を感じます。

暑さ寒さも彼岸までというぐらい
この3月は、季節がガラッと変わり、
また、人々の環境もガラッと変わる変化の多い時期。
出会いも別れも自然のままに慈しむ気持ちを大切にと思う弥生の候



IMG_1664 (2).jpg



さて、明後日22日からは見野大介さんの個展がスタート。
今まさに前日の搬入に向けて佳境のようです。

今回は様々な種類の作品を揃えていただいています。


52075953_828401554167028_8267610701028130816_n.jpg


51694292_489544051449612_8215483700863827968_n.jpg

蒼天シリーズは、淡い色味に仕上がってるらしいですよ。



51390246_557428781402522_6353722202474414080_n.jpg


51695054_639194666497181_5777082332854878208_n.jpg

イトノサキでは初お目見えの波紋皿シリーズは、
見た目も使い勝手も◎




見野B.jpg



窯から出したばかりの出来立てホヤホヤの作品を携えて東京に。
初日22日、23日は見野さん在廊致します。

たくさんご覧いただきたくさん手にとって、
ご自分の手に馴染むうつわをお探しくださいませ。




「見野大介 陶展・春」
3月22日(金) – 3月31日(日)




2019.3月後半横DM絵柄面.jpg



神秘的で吸い込まれるような透明感のある色合い
均整のとれたスマートなデザインでありながらやさしく手に馴染むフォルム
いつもの食卓にもスペシャルな日にも
様々な場面で楽しむ素敵な陶に触れてください。



【お品書】
勾玉シリーズ・六角シリーズ・波紋シリーズ・蒼天釉シリーズ
食器(皿/鉢/碗)・酒器(ぐい呑/片口)・茶器・食器・花器など


見野大介さん在廊日:3/22・23

見野大介(陶芸工房・八鳥)
https://www.facebook.com/minobird8
京都で陶芸を学び、2014奈良・法華寺町にて「陶芸工房 八鳥」をスタート。
陶芸教室で陶芸の楽しさを伝えつつ、使いやすく人に寄り添う作品を制作。
泉涌寺陶磁器青年会会員



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ
posted by itonosaki at 18:13 | 日記