2019. 05. 17

窓から眺める緑も気持ち良い:本日よりラオスの手仕事展 スタート

本日初日のラオスの手仕事展
心地よい空間になりました。


IMG_2660.jpg


遠い彼の地に思いを馳せつつ、
様々な手仕事に触れることができます。



IMG_2689.jpg

ラオスの葛帯
今回はヘリンボーン柄で織っていただきました。
また趣きが違ってモダンな印象ですね。
真冬以外の3シーズンは締められるかと。





IMG_2663.jpg

石のようにも見えますがココナッツ
そして卵殻細工の帯留





IMG_2678.jpg

上品でシックな色あいのストールは
シルクの光沢が美しい





IMG_2692.jpg

手紡ぎコットンのタオルハンカチは
使うほどに柔らかくふわふわに




IMG_2694.jpg



多民族が共存する中で育まれたそれぞれの手工芸が
日本のいつもの暮らしの中にもすーっと馴染む
窓から眺める緑も気持ち良い初夏の午後



明日・明後日(18・19日)も
「hyma」の中嶋さん在廊予定



週末お出かけくださいませ。






「ラオスの手仕事展 布を纏う by hyma 」
5月17日(金)〜22日(水)
  *会期中は20日(月)のみお休みです。
  *22日最終日は17時まで。



世界の手仕事にリスペクト!
前回・前々回と続き 今回3回目となるラオスの手仕事展

手に触れて使うことで初めてわかるその心地良さ
スピードを追い求めるばかりに忘れてしまっていたことに気づかされる
丁寧で優しいラオスの手仕事

多民族だからこその多種多様な手工芸は
目に楽しく、手に触れて心落ち着くアイテムばかりです。
今回もラオスの手仕事に触れる機会をお見逃しなく。


【ラオスのお品モノ】
シルクやコットンの伝統織物(ラグ・タペストリーなど)・
葛 / シナの帯、バック・コットンタオル・ブランケット・ストール・アクセサリーなど


企画・Hyma(ヒマ)
ラオス各地の昔ながらの手仕事に魅せられて、現在ラオス在住。
年に数回の帰国時にはラオスの手工芸を紹介するイベントを開催。
「ゆったり流れる旅時間ラオスへ」(イカロス出版)著者
Web:http://www.hyma-handicraft.com
instagram : hyma_laos





*展示、商品についてなど、お問い合わせはこちらへ





posted by itonosaki at 17:12 | 日記