2019. 11. 08

小春日和からスタート



自然の光に映える美しいグレージュの景色
心地よい眺めです。




IMG_5098.jpg




今回はグレージュの紬の良さを引き立てつつ
気取らない大人の遊びコーディネートに手描きジャワ更紗Reisiaの帯を合わせて。


IMG_5107.jpg



着尺:地機織網代変わり格子

帯 : ジャワ幻花






アカメガシワの柔らかなブラウン色に
菊色のバティック帯

秋の風情で。

IMG_5119.jpg





着尺:地機織赤芽槲茶無地着尺
(染材/アカメガシワ)

帯:手描きジャワ更紗「はずむ心」




このほかにもグレージュ紬とReisiaの帯コーデを楽しんでいただけます。




8A549E3A-48F9-4EA2-AB3C-25D2531E86C2.jpg



帯: 地機織網代九寸

網代の九寸帯は
シラカシとマリーゴールドの微妙な色合いのグレージュミックス

なにげない中に奥行を感じます。







しかしながら、この微妙な柔らかな色合いを上手く表現出来ず、なんとも歯がゆく、
実際にご覧いただいたらこの素敵さをご理解していただけるのですが。。。



週末の9(土)・10(日)は、終日 杉森繭子さん在廊予定。
織りの秘密や初めのこと色々伺ってみてください。
お待ちしています。


IMG_5111.jpg





11月6日(水) – 11月10日(日)
「グレージュの余韻」
地機・手織りの優しい紬




19.11月グレージュDM絵柄面.jpeg



様々なグレーとベージュの糸を重ねて織り成す
優しく知的なグレイジュな世界

シンプルさの中に少しの遊びを取り入れて
コーディネートは無限に。

地機・手織りから生まれる軽やかでやわらかな風合いを
身に纏い 触れて感じていただけましたら幸いです。

〈プロフィール〉
杉森 繭子
1999年〜2003年 栃木県結城紬織元にて修行。織り子として従事
2009年〜2011年 新たに草木染めと織リの基本を学ぶ
2013年 日本民藝館展に初出品/入選
以後2018年まで、毎年出品/入選
地機を用い、着尺・帯を中心に製作
草木染の優しい色合いをシックでモダンな表情に織り上げています。

with:手描きジャワ更紗Reisia




*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 20:20 | 日記