2020. 02. 16

三寒四温を繰り返して


今日は少しだけ季節が逆戻りした感じの雨空

朝晩はまだまだ冬を引きずるこの時期にちょうど良い
上質のパシュミナのぬくもりが心地よいスローな日曜日でした。


IMG_6530.jpg

☆カニ織ショール/ストール:nukuiro

インド・カシミール地方スリナガルの女性が手で紡いだか細いパシュミナ糸を職人がひと織りひと織り丁寧に織り上げるカニ織ショール

・・・・・
カニ織り〜Kani weaving〜
カニ(kani)と呼ばれる糸巻きスティックを使って織られることから由来する、伝統織物。
約600年前のパシュミナ発祥時代そのままの技法が受け継がれています。
織りには極めて高度な技術を要し、全体に細やかな柄がデザインされたものは2年から2年半を経て完成されるため、刺繍ショールよりも高価で取引されます。
日本ではなかなか見かけない織物です。
*nukuiro HPより
・・・・・

今少しの期間だけ nukuiroの「カニ織ショール/ストール」ご覧いただけます。




そして春アイテムにプラスしたいこのBag

IMG_6574.jpg

☆kinchaku shoulder S :ense
*ほかにカーキ配色もあります


牛革ヌバックの手触りも
優しいボルドー色も
ちょっと小さめなこのサイズ感も
春の軽やかなお出かけ気分にちょうどいいなぁ



【これからの営業予定】

16(日) /11:00 〜 19:00(通常営業)
17(月) /定休日
18(火) /定休日
19(水)/臨時休業
20木)/11:00 〜 19:00(通常営業)
21(金)/11:00 〜 19:00(通常営業)
22(土)/11:00 〜 19:00(通常営業)
23(日)/11:00 〜 18:00

お日にちお時間お確かめの上、ご来店くださいませ。



そしてそして、初夏に向けての準備をということで
本麻襦袢の反物が届いています。
オンシーズン前のこの時期でしか良い色が選べないというレアアイテム

IMG_6556.jpg


無地の色反物は、真冬以外の単衣の時にも大活躍し、温暖化の時代に心地よくきものを着るためのお洒落なたしなみになりつつあります。


これから日を追うごとに汗ばむような暖かい日が訪れ
季節の移り変わりの早さを実感する頃

気持ちが追いつかない2月半ばですが、
早め早めのお支度を。




*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 20:54 | お知らせ