2017. 01. 29

手仕事からの空想の時間


IMG_5830.jpg


まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり


IMG_5833.jpg

この簪を見たときに
島崎藤村の『初恋』をふと思い出した

繊細で優しい色の移ろいが
初々しくはにかんだような少女の表情から
大人の女性になるほんの一瞬の季節を覗かせているかのようです。





IMG_5792.jpg

そして
妖艶で艶やかな孔雀の帯


IMG_5790.jpg


IMG_5777.jpg


深い色彩に見え隠れする金の糸目
トルコブルーの押さえた鮮やかさ




IMG_5771 (1).jpg


IMG_5777.jpg

同系色の細縞の着物に合わせて
夜の帳を楽しんだり




IMG_5785.jpg

明るいベージュの紬と合わせ
春のルネラリックミュージアムへ


丁寧に一つひとつ大切に形作られる手仕事の奥行が
色々なイメージを掻き立て
空想の時間を楽しんでしまう
春待ちの睦月終わり



☆青菊とビラのかんざし ・菊と蝶のクリップ→ つまみ細工・桜居せいこ
☆染九寸「縁羽ばたく」→ 東京手描友禅・クワバラマキコ
☆綿絹着尺「青梅嶋」→ 藍染工房 壺草苑
☆草木染め着尺「ばら」→ 染織・佐藤竜子


*展示作品は、そのままお仕立て承ります。
また、色違いのオーダーも可能です。お気軽にご相談くださいませ。


◎クワバラマキコさん:2月1日・4日在店予定



「手描きのハレ支度」
手仕事で誂える「七五三の揃えとハレきもの」オーダー会
1月25日(水)〜2月5日(日)


昨年11月のブログでご紹介いたしました七五三の揃え(その時のブログはこちら☆
「可愛い!」「姪っ子に着せてみたい」「自分の七五三の時を思い出した」など
たくさんの方から優しく嬉しいお声をいただきました。
そのお声を形にすべく、
今回手描き友禅士に描いてもらう
世界でたった一枚だけのオンリーワン・オーダー会を開催いたします。



DM1月.jpg


1月横DM宛名面.jpg



新年になったばかりですが、
細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
秋のハレの日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切な一着をお作りいたします。

また、七五三以外にも手持ちの着物に合わせた帯を作りたい、
羽織りと帯をお揃いにしたいなど、色々なオーダーができますので、
まずはご相談くださいませ。


新春のことほぎ気分もそのままに
少し先の季節に思いを馳せて。
丁寧な手仕事ならではの繊細な彩りで
思い出に残る素敵な体験を、この機会にぜひ。



【オーダーの流れ】
@お誂えしたいアイテム(着物・帯・被布など)・用途(七五三・結婚式・夏単衣に合わせる帯など)・イメージする色/柄をお聞かせください。
Aお聞きしたイメージ・アイテムを検討し、大枠のお見積もりをさせていただきます。
Bお見積もりをご承諾いただいた後、下描き・配色など細く打ち合わせ(2〜3回)を重ねて実際の作業に入ります。
C作業開始から約2〜3ヶ月後に染め上がり。その後お仕立てなどの加工に入ります。
*小物のオーダーも概ね同じようなスケジュールとなります。


クワバラマキコ在店日・1/26(木)・28(土)・2/1(水)・4(土)
*上記以外にも、在店可能の日もありますのでお問い合わせください。



*商品の詳細・オーダーについてのお問い合わせなどはこちらへ



posted by itonosaki at 18:00 | 日記