2018. 12. 07

美しく尊いということ。


水曜日から広がるパシュミナの景色
触れるたびごとに美しいということを再認識しています。


IMG_0027.jpg



IMG_9979.jpg


ソズニ刺繍は細くなればなるほどに光沢感が増し
柔らかな気品溢れ、なんとも言えない幸福感に包まれます。




IMG_0010.jpg

先日アップしたストールを着物で羽織ってみました。
着物の絹の光沢とパシュミナの艶やかさとの合わせ

手刺繍の繊細さにずっと纏っていたくなります。





IMG_0050.jpg


IMG_9986.jpg

いわゆる綴れ織のカニ織も美しく
か細いパシュミナ糸を一段一段織り進めます。
現地インドでもホンモノのカニ織のパシュミナショールは、
極々一部の富裕層しか見ることもましてや、触れることも出来ないという稀少なモノ。



IMG_9970.jpg


いずれの商品も本当に美しく尊いと思わざる得ません。

週末にはこの美しい手業に癒されていただきたいです。
みなさまぜひお出かけくださいませ。




*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ




12月リスペクト企画

「nukuiro カシミールの冬模様」
12月5日(水) ー 9日(日)






極薄のカシミヤを首にそっと巻いたなら、
ほんわりと優しい気分に包まれます。
ああ この1枚があって幸せ、そう思える出会いを
お届けできれば嬉しいです。
今年も素敵なパシュミナ揃えてお待ちしています。

〜nukuiroより〜





か細い手紡ぎ手織りのパシュミナ(カシミヤ)に
繊細な手刺繍を施したショールたちが遠くカシミールから届けられます。

世界の職人の手業にリスペクト。
見て触れて身に纏い感じていただけることが
作り手の願いです。
この風合いをぜひ。
posted by itonosaki at 18:33 | 日記