2018. 06. 17

心よりの感謝を。


ほぼ梅雨入りと同時にスタートした「南の風・紅型と自然布」展
本日17日にて終了いたしました。


IMG_6627.jpg


想像以上に紅型や苧麻に関心がある方が多く、
期間中たくさんの方にお運びいただけました。
ありがとうございました!



IMG_6631.jpg


実際に見ること、触れること、知ることって大切なことだとあらためて感じ、
作り手やお客様より伺う話に
また新しい発見やひらめきが湧いてきた楽しく充実した時間となりました。



IMG_6637.jpg



お運びいただいたみなさま
また、ご参加いただいた作り手の方々へ
心より感謝いたします。




IMG_6618.jpg



今回の出品商品に関しては、
一部ではありますが、少しの期間引き続きご覧いただけるようにいたしました。
展示期間中にタイミング悪くお越しいただけなかった方や、
今一度気になるアイテムを見てみたいなどありましたら、ぜひお運びくださいませ。



また、20日よりは常設にてゆるりと通常営業です。
イトノサキ好みのアイテムも企画展最中に色々到着していますよ。
ゆっくりとお立ち寄りいただけましたら幸いです。




*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ



posted by itonosaki at 21:39 | 日記

2018. 06. 15

色彩の優しい布:残すはあと3日


それは
透けるようにか細い生糸
手績みの苧麻
手紡ぎカディ
リネンに綿


IMG_6569.jpg


それは
コチニール・ラックダイ・スオウ
インド茜・月桃・矢車
琉球藍・インド藍・フクギ
藍生葉・ログウッドにラベンダー


IMG_6576.jpg



IMG_6580.jpg


天然繊維から作り出された繊細な糸を
草木で染め、
空気と風を取り込むように
美しい色のグラデーションを織り成す



IMG_6572.jpg


IMG_6581.jpg



elegant で sweet
deep で soft


糸・色・織り
すべてが交わることで醸し出す優しい布たち


IMG_6566.jpg


実際に見て触れて
初めてわかる幸せな瞬間。



IMG_6585.jpg



☆ストール・ショール → 草木染織・下地康子
  自然の素材を天然染料で染め、
  季節を感じる軽やかな布を作り出す染織作家
 *沖縄県生まれ。高校・大学ともに染織デザインを学び、卒業後服飾メーカーの生地企画に入社
  退社後、国画会染織家清水昌子氏に師事。
  2010年 織工房URIZUNを立ち上げる。
  展覧会・個展の他、公募展など入選多数
 *沖縄県立芸術大学非常勤講師
 *国画会準会員

 



6月企画
「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)ー 6月17日(日)



◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 11:00 | 日記

2018. 06. 14

やんばるの自然から:森風

そしてそして、
紅型もイトノサキ好みで。



IMG_6541.jpg


IMG_6533.jpg



紅型特有の隈取りというぼかしの染めに浮かぶ
沖縄特有のトンボや巨大なシダ植物


IMG_6540.jpg



白をより白く見えるように周りの色を鮮やかに表現するびんがた



IMG_6534.jpg


伝統的な色を守りつつ、
天然顔料を擦りながら
彼女ならではの優しさを含んだ色を加えて
また新しいびんがたの世界を垣間見せてくれています。



IMG_6474.jpg
*こちらは蜂の巣をモチーフにしたデザインの型


色々な染めの技法がありますが、
琉球びんがたの染めは、大変行程が多く染め上がりまでかなり時間を要し、
そのほとんどすべての行程を一人で行います。


☆琉球びんがたの行程☆
図案→→型彫り→型置き→地入れ→色差し→二度刷り→隈取り→蒸し→洗い→
→糊伏せ→地入れ→地染め→蒸し→洗い→完成


いやはや、どんな手仕事も一朝一夕にはいかない日々の積み重ね。。。
素晴らしいです。



IMG_6538.jpg



IMG_6542.jpg





毎日が発見と楽しく話す作り手は
日々暮らす”やんばる”の景色を紅型へ映し、
あらためて大いなる自然に感謝をする
そんな気持ちがとても素敵でチャーミングな職人です。



☆紅型染九寸「森風=muikaji=ヒカゲヘゴ柄」(紬地)→ 琉球びんがた作家・宮城友紀
 沖縄の自然と紅型に魅せられ沖縄へ。知念績元氏に師事。2011年独立。
 現在「天底びんがた工房」として活動。
 やんばるの植物や生き物からインスピレーションを得て、
 優しく美しいびんがた作品を制作されています。




6月企画
「南の風・紅型と自然布」
2018年6月8日(金)ー 6月17日(日)



◇手仕事のお品物 ◇
紅型帯/着物、上布着尺/帯、麻帯、自然布小物、ショールなど


【出品】
琉球びんがた・宮城友紀
上布染織・堀口度子
いらくさ・西川はるえ
草木染織布・下地康子



*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ




posted by itonosaki at 12:00 | 日記