2017. 11. 15

暮らしに寄り添ってきた漆・明日15日から

からりとした晴れの日が続いていた11月ですが、
今日は久しぶりにしっとりとした雨。

晴れと雨を繰り返しながら季節が進んでいくのがわかります。
2017年のカレンダーともあと少しのおつきあい。
時間はとまってくれませんね。。。。

さて、明日からの
『漆のうつわ・もうひとつの Classic Ko 』Second exhibition
整いました。


IMG_1823.jpg



漆の朱色に落ち着く季節。
秋から冬のしつらえに漆の手触りがしっとりと手に馴染みます。

古えから人々の暮らしに寄り添ってきた漆
今もさりげなく近くにある用の美
手にとっていただけると嬉しいです。





『漆のうつわ・もうひとつの Classic Ko 』Second exhibition
2017年11月15日(水)ー 11月19日(日)
 漆工芸 大下香仙工房




ブログ用11月DM.Vol.37絵柄面W.jpg



モダンで美しい蒔絵ジュエリー「Classic Ko」と漆のうつわ「KOUkoubou 」
どちらも伝統の装飾技術を現代に受け継ぎ、
常に新しい漆工芸を追求する大下香仙工房が作り出す心惹かれるモノたち



IMG_1780.jpg


今回も日常使いからお茶道具、
新春のしつらえに揃えたいうつわを中心に、
異国を想わせる蒔絵ジュエリーなど、
唯一無二の漆の手業・大下香仙工房の世界に触れてくださいませ。


*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 00:07 | 日記

2017. 11. 10

そろそろクリスマスのこと。

11月も半ば
街がキラキラとした風景に変わってくる頃
そろそろクリスマスに向けてのイメージ膨らませたいですね。



IMG_1790.jpg


IMG_1791.jpg


シンプルな千鳥格子のグレーのお召に
オーナメントが揺れるクリスマステイストの染帯
帯の地紋がダイヤモンドダストのようにキラキラと微かに光り、
オーナメントを飾った枝葉もゆれて
女性らしい柔らかさが醸し出されています。


IMG_1797.jpg


漆箔を施したクオーツの帯留も
イルミネーションのライトに反射してキラリとクリアな光を放つ


少しだけいつもいつもと違う12月の装い
楽しんでみては?




IMG_1802.jpg



☆染九寸「クリスマス」→ 東京手描き友禅・今井晴子
☆漆クオーツ帯留 → natsuko minegishi
☆漆絵皿 → 漆工芸 大下香仙工房



そして来週から



『漆のうつわ・もうひとつの Classic Ko 』Second exhibition
2017年11月15日(水)ー 11月19日(日)
 漆工芸 大下香仙工房




モダンで美しい蒔絵ジュエリー「Classic Ko」と漆のうつわ「KOUkoubou 」
どちらも伝統の装飾技術を現代に受け継ぎ、
常に新しい漆工芸を追求する大下香仙工房が作り出す心惹かれるモノたち



IMG_1780.jpg


今回も日常使いからお茶道具、
新春のしつらえに揃えたいうつわを中心に、
異国を想わせる蒔絵ジュエリーなど、
唯一無二の漆の手業・大下香仙工房の世界に触れてくださいませ。


*展示・商品についてなど、お問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 22:50 | 日記

2017. 11. 02

秋晴れからスタート「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展


さて、連休前の秋晴れに始まりました「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展
手つむぎならではのふわりとした風合い
日本の景色に合う穏やかな配色
手つむぎ手織りストールの温かく優しい手触りに癒されています。


IMG_1608.jpg



IMG_1618.jpg




手織りの技法そのものは比較的単純ですが、
無地だけど手つむぎの糸ならではの表情が出ていたり、
ボーダー柄もタテ糸・ヨコ糸が交わってできる面白さがあったり、
ゆるすぎず、硬すぎずそれぞれの織り手さんの人柄が垣間見れて
それもまた楽しい。


IMG_1616.jpg


IMG_1623.jpg


すでに編まれた商品と出会っていただくのはもちろん、
好きな色・柄でカスタムできるオーダーも受け付けしています。
(60色の糸色から、無地・チェック・ボーダーも選べます)





IMG_1625.jpg

この時ばかりと好きな色の糸を並べてみたり。
ご来店の編み物好きさん、織り物好きさんも、
糸を見てるだけで嬉しいとおっしゃっていました。
*このオーガニックコットンの手つむぎ糸は、織りもの・編み物どちらも楽しめますよ。
(一枷:100g)




IMG_1612.jpg

また今回は、手つむぎの糸を使って編まれたインナーアイテムもご用意しています。
店主もあまりに気持ち良い履き心地にびっくりしたナイトソックスや、レッグウオーマー、
手袋、そして巷で密かに人気の腹巻(!)も。
これから寒くなっていくこの時期に柔らかで肌にストレスのない素材は、
必須ですね。




IMG_1628.jpg


秋の三連休。お天気も良さそうですのでお散歩ついでに
ゆるりと遊びにいらしてくださいませ。




「オーガニックコットン・手つむぎの糸と布」展
  2017年11月2日(木)ー 11月5日(日)


11月縦DM絵柄面.jpg


無農薬で育てられた綿花を
昔ながらの糸車を使い
人の手で丁寧に紡いでできる優しい風合いの糸と布。
使えば使うほどふわりと空気を含み柔らかい肌触りの手つむぎコットン。

春にご紹介した「YUKASHINA」のコットンストール製品を中心に、
この心地よい素材を生かして作られる日々に寄り添う
手つむぎアイテムに触れていただくスペシャル企画の4日間。


◇手つむぎのお品モノ◇
手織りストール、ブランケット、カットソーWEAR、
手つむぎ糸/各色(100g単位)など 
すべてオーガニック手つむぎ糸を使用した製品(糸)です。
また、すでに織り上げられたストール商品の他に
お好きな色柄でオリジナルストールオーダーもしていただけます。


秋から冬へと移り変わる季節。
身近な大切な人へ、自分自身へと
この優しい風合いを贈ってみては如何でしょうか。



【YUKASHINA(ゆかしな)】
織物や編物、陶器、木工、絵画やイラスト作品を応用した手仕事を中心にしたブランド。
作り手は主に福祉施設に通う障がいのある人たち
彼らの生み出すモノは、ゆかしく心惹かれます。


*天然UVカット・紫外線遮蔽率95%
無農薬のコットンには、ふわふわの綿が赤ちゃんを包むおかあさんのように紫外線から中の種子を守るという天然の力が備わっていて、糸のムラ、織りのムラによる凸凹も紫外線を遮蔽する効果も。

*今回の糸に使用の染料は、*アゾ化合物を使用しないアゾフリーの反応染料と天然染料の2種類。
生成り・茶綿は自然のまま染色はしていません。
*アゾ染料=その発ガン性など人間の体や、環境に有害な影響があると問題視されていて、
日本では昨年2016年より販売規制されています。



*商品についてなど、お問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 22:45 | 日記