2015. 03. 17

紡ぐ・綿のこと

暑さ寒さも彼岸まで。
今日は今年一番の春日和になるとか。
お弁当でも持って遊びに行きたいですねー。


さて、先日素敵なギャラリーを訪ねて秩父へ。
銘仙全盛期に建てられたであろう洋館やお店など
文化財としての建物がそこかしこにあり、
昭和の時代にタイムスリップしたかのような懐かしさ。

IMG_5644.jpg

そして目指すギャラリーは
昔の蔵を改装してつくられた素敵な空間。

IMG_5649.jpg

IMG_5648.jpg


天井の梁はどっしりと広がりと落ち着きがあり
窓から差し込む光がやわらかな雰囲気を醸し出していて
とても居心地がいい。

今回は、手紡ぎの糸を草木で染め、
手織りで綿布を織り続けている作家・中本扶佐子さんの
愛情あふれる布たちの展示
ちょっとした縞のバランスや、色使いなど
洗練された素朴さというか
自然で頑張り過ぎない大人の和み布という感じでした。

IMG_5672.JPG


糸紡ぎ(和綿)も少し体験させていただきましたが、
簡単そうに見えてこれがとても難しい。。
隣でやっていた小学生の男の子の方がずっと上手
やはり素直な気持ちが糸に現れてしまうのかも。。。


IMG_5678.JPG

自分で紡いだ糸の無骨さを眺めつつ
細く繊細な一本の糸を作るひとつひとつの手仕事の大切さに
思いを馳せる春の一日でした。


こちらも自然の恵みを手仕事で表現しています。
 ↓
☆3月スペシャル企画

『さらりと粋に・藍と青梅嶋』

     会期:3月25日(水)〜3月29日(日)

世界中に「青」は数々ありますが、
日本には「藍四十八色」という
青の濃淡の奥深い色鮮やかさを表現した言葉があるほど
「藍・青」があふれています。

DSCN0872.JPG

甕覗き(かめのぞき)・藍鼠(あいねず)・深縹(こきはなだ)
濃藍(こあい)藍錆(あいさび)・鉄紺(てつこん)……

そして、古よりその「色」は限りなく、
日本の色「ジャパンブルー」として多くの人に愛されてきました。

P1060070.JPG

この「藍」を慈しみ、人にも自然にも優しいものづくりを続けている
「藍染工房 壺草苑」

今回は、この工房より、
ストール、シャツ、ニット、小物など
選りすぐりの藍染めアイテムを揃え、
色とりどりの「藍」たちをご覧いただきます。

またアイテムそれぞれ、少し淡く・やや濃いめなど、
好きな色目/素材の指定も可能。
オーダーメイドの「色」が手に入れられます。

IMG_4446.jpg

SJFC1.jpeg


さらにさらに、
江戸後期に流行り女も男も粋な江戸っ子が競って着ていた
イトノサキ一押しの「青梅嶋」着尺も
いつもよりたくさんご用意しています。

IMG_2331.jpg

素材にこだわり、
染めにこだわってつくられたその「藍」を
ぜひ手に取ってみてくださいませ。
お待ちしています!!

*カラーオーダーいただきましたアイテムにつきましては、
 受注日から約1ヶ月〜1ヶ月半でのお渡しとなります。


*詳細・お問い合わせはこちらへ




posted by itonosaki at 13:36 | TrackBack(0) | いろいろ

2014. 10. 25

「TOKYO DESIGNERS WEEK」が始まってます。

この赤い実は
コボウズオトギリ(小坊主弟切)
傷によく効く薬草のひとつとされ
遠く平安の時代 
その薬草を使った秘伝の薬をめぐって、
兄が弟を斬り殺したといわれる伝説も。

IMG_3298.JPG

ちょっと怖い話のわりに
なんだか可愛らしい名前である
黄色の花が咲いたあとなる実が
小坊主の頭に似ているからついたとか。
先人は、センス(?)のある名付け方をするなと感心。

そういえば、
イトノサキからすぐの青山・外苑絵画館前で
「TOKYO DESIGNERS WEEK」が始まってます。
毎年この時期に開催されている
Design・ART・Music・Fashionが揃うクリエイティブなイベントで
その中には日本の伝統工芸を紹介するイベントや、
きものについてのアグレッシブな試みなどもあるらしいです。

芸術の秋
色々なクリエーションを観に行かれては?


posted by itonosaki at 13:40 | TrackBack(0) | いろいろ

2014. 10. 17

「リー・ミンウェイとその関係」展

先日、森美術館で開催されている
「リー・ミンウェイとその関係」展に出掛けた

IMG_3241.JPG

この展覧会は
展示されている作品を観る通常の美術展とは違い、
見て、話して、書いて、贈るなど
観客が参加して作られていくアート

その中のひとつは
観客それぞれ持ってきた服や布などを
壁に飾られた糸から一本を選び、繕い繋げるというもの
たくさんの繕われたモノたちがカタチになり
綺麗な糸のグラデーションになっていく

捉えがたいけれど、人と人との繫がりや
モノに対しての関係性など
色々な思考が頭をめぐり
面白い体験が出来た。
時々、こうして少し立ち止まって
感じることは大切ですね

この展覧会をおすすめしていただいたのも
イトノサキのお客様
つながりに感謝です。

「リー・ミンウェイとその関係」展は、
六本木ヒルズ森美術館で来年の1月4日まで開催しているようです。
文化の日も近いですし、
この週末、思考の遊びに行かれてはいかがでしょう。
そして、お散歩ついでにイトノサキにもお寄りくださいませ。
お待ちしていますー。

posted by itonosaki at 13:50 | TrackBack(0) | いろいろ