2018. 03. 01

「節」に寄せて:礼を尽くして主役を立てる

春の嵐のあとすっきりとした晴天となった弥生朔日
この暖かさに一気に草木が芽吹き
新しい命が生まれ始めているようですね。

新しい季節の到来になんだかウキウキ
寒く縮こまった季節から暖かくなると
すべてのモノにありがとうという気持ちになります。


IMG_4088.jpg



明後日はいわゆる五節句のひとつの3月3日の雛祭り
「節」というのは、中国から伝わった暦のことで、
季節の旬の草木から命をもらい邪気を祓う目的から、
日本の農耕の風習と相まって始まった行事だそうです。




IMG_4013.jpg


ぼかしの染めと宝尽くしの刺繍を施した上代御召の付下と
モダンシンプルな爪掻き本綴れ帯
楚々として上品に。
礼を尽くして主役を立てるそんな控えめな揃え




IMG_4097.jpg




IMG_3982.jpg



触れて優しい朱の漆のうつわに桃の花
前髪に愛らしいかんざしを飾る


小さな子供たちがその小さな足で
一歩一歩歩んでいけますように。


IMG_4090.jpg



たくさんのお祝いと願いを込めて
「ハレ」を楽しんでいただきたいな。


「季節のハレ展」
引き続き、4日(日)まで。



2月企画
「季節のハレ展」
2018年2月23日(金)ー 3月4日(日)

お正月・雛祭り・端午の節句にお花見・お月見・七五三。。。

古より「ハレ」(非日常)と「ケ」(日常)を過ごすことで季節を感じ、
日々を豊かに過ごしてきた日本の人々

四季折々に行う様々な「ハレ」
また節目節目に迎える特別な「ハレ」
ちょっとしたご褒美としての「ハレ」
たくさんの「ハレ」を彩り慈しむ気持ちを育み
またその先へと繋げていきたい。

2018.2月絵柄面W.jpg



イトノサキ的に考える
「ハレ」を楽しむ手仕事のお品モノの揃え(着物・帯・アクセサリー・器)からお選びいただけるほか、
色無地・七五三の揃え・綴れ帯・つまみ細工かんざし/コサージュなど
それぞれの作り手にご相談しながらのオンリーワンのお誂えもいたします。

*お誂えに関しては、細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
自分だけの「ハレ」の日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切なあなただけのアイテムをお作りいたします。



毎日の暮らしの中の「ハレ」を大切に
それぞれの「ハレ」に合わせたお支度を
楽しむお手伝いができましたら幸いです。



◎在店予定◎
東京手描友禅・クワバラマキコさん:2/24(土)終日、2/28(水)11〜16時半      
つまみ細工・桜居せいこさん:2/23(金)午後〜、2/24(土)15〜19時、3/3(土)11〜16時
服部綴れ工房・服部紘樹さん:2/25(日)終日




*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ


posted by itonosaki at 18:57 | 日記

2018. 02. 27

「季節のハレ展」続きます。

心なしか暖かな週初め
春の香りを感じますね。
先週末よりスタートの「季節のハレ展」では
今週も引き続き色々ご覧いただけます。



IMG_4036.jpg


今では実際に手に触れてご覧いただく機会もないほどに
希少となりつつある王道の爪掻き本綴れ織

大唐花の意匠は
「ハレ」の中の「ハレ」
品格と華やかさに圧倒されますが
無地の着物に合わせてみれば落ち着き、
訪問着・振り袖に合わせれば着物の柄を引き立たせ、
長い間守り引き継がれている伝統は、
実はとても懐深い存在だと、気付かされます。
眼福という言葉、わかります。



そして、
行事のハレや普段のハレにも活躍する無地染のアイテム
もご紹介しています。


IMG_3995.jpg


その素材感・柄行によって様々な表情が生まれ
無地ではありますが
染めると地紋が際立ち
柄が浮かび上がりるのが無地染の面白さ


IMG_3993.jpg


動きのある更紗柄や丸紋柄は
長羽織でしとやかに
細かな吉祥柄は格式を重んじ正統派の着物に
幾何学の格子は、普段のお出かけ着として
可愛い花籠柄を綺麗な朱に染めれば
七五三の長着や十三参りのお祝い着にも


IMG_3989.jpg


京都の伊と幸さんの白生地は
染め上がりも美しく上品。
純国産松岡姫のお蚕さんから生まれるなめらかなで美しい白生地も含めて
今回色々と揃えました。

無地なれどされど無地
触れていただくとそのしなやかさがわかります。




IMG_4065.jpg



また、明日28日(水)には、友禅師のクワバラマキコさんも在店予定です。
季節の花や、思い出の草木の柄、モダンアートのような柄など
この機会に思い描くイメージをそのままご相談くださいませ。
あなただけの素敵な「ハレ」のお支度ができますよ。


☆爪掻き本綴れ帯「大唐花」→ 服部綴工房
☆染九寸「羽ばたき」→ 東京手描友禅・クワバラマキコ
☆白生地(反物) → 伊と幸
☆つまみ細工かんざし →つまみ細工作家・桜居せいこ




*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ





2月企画
「季節のハレ展」
2018年2月23日(金)ー 3月4日(日)

お正月・雛祭り・端午の節句にお花見・お月見・七五三。。。

古より「ハレ」(非日常)と「ケ」(日常)を過ごすことで季節を感じ、
日々を豊かに過ごしてきた日本の人々

四季折々に行う様々な「ハレ」
また節目節目に迎える特別な「ハレ」
ちょっとしたご褒美としての「ハレ」
たくさんの「ハレ」を彩り慈しむ気持ちを育み
またその先へと繋げていきたい。

2018.2月絵柄面W.jpg



イトノサキ的に考える
「ハレ」を楽しむ手仕事のお品モノの揃え(着物・帯・アクセサリー・器)からお選びいただけるほか、
色無地・七五三の揃え・綴れ帯・つまみ細工かんざし/コサージュなど
それぞれの作り手にご相談しながらのオンリーワンのお誂えもいたします。

*お誂えに関しては、細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
自分だけの「ハレ」の日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切なあなただけのアイテムをお作りいたします。



毎日の暮らしの中の「ハレ」を大切に
それぞれの「ハレ」に合わせたお支度を
楽しむお手伝いができましたら幸いです。



◎在店予定◎
東京手描友禅・クワバラマキコさん:2/24(土)終日、2/28(水)11〜16時半      
つまみ細工・桜居せいこさん:2/23(金)午後〜、2/24(土)15〜19時、3/3(土)11〜16時
服部綴れ工房・服部紘樹さん:2/25(日)終日




posted by itonosaki at 18:19 | 日記

2018. 02. 25

佇まいも美しい水浅葱色の「ハレ」

コデマリの小さな花が白く咲き始めています。


IMG_3953.jpg



今日の「ハレ」気分は
佇まいも美しい水浅葱色


IMG_4002.jpg

淡い付下げ訪問着は
ゆらゆらと揺れる藻の森に遊ぶ
小さな魚の影



IMG_4003.jpg


湖面から水中にさす陽射しの光のようなぼかしの綴れ帯

いろいろなイメージが湧いてくる
流れるようにしとやかな揃え


IMG_3999.jpg


金曜日よりスタートとの「季節のハレ展」
本日25日は、服部綴工房の服部紘樹さん終日在店です。
時間のかかる手仕事ゆえ今は希少となりつつある爪掻本綴れのことなど
色々なお話も伺えますよ。



昨日の暖かさから一変寒い日曜日となるようですが、
休日のゆったりとした時間に本物をご覧になりにいらっしゃいませんか?



2月企画
「季節のハレ展」
2018年2月23日(金)ー 3月4日(日)

お正月・雛祭り・端午の節句にお花見・お月見・七五三。。。

古より「ハレ」(非日常)と「ケ」(日常)を過ごすことで季節を感じ、
日々を豊かに過ごしてきた日本の人々

四季折々に行う様々な「ハレ」
また節目節目に迎える特別な「ハレ」
ちょっとしたご褒美としての「ハレ」
たくさんの「ハレ」を彩り慈しむ気持ちを育み
またその先へと繋げていきたい。

2018.2月絵柄面W.jpg



イトノサキ的に考える
「ハレ」を楽しむ手仕事のお品モノの揃え(着物・帯・アクセサリー・器)からお選びいただけるほか、
色無地・七五三の揃え・綴れ帯・つまみ細工かんざし/コサージュなど
それぞれの作り手にご相談しながらのオンリーワンのお誂えもいたします。

*お誂えに関しては、細かくイメージをお聞きしながら打ち合わせを重ね、
自分だけの「ハレ」の日に合わせて今からゆっくり時間をかけながら
大切なあなただけのアイテムをお作りいたします。



毎日の暮らしの中の「ハレ」を大切に
それぞれの「ハレ」に合わせたお支度を
楽しむお手伝いができましたら幸いです。



◎在店予定◎
東京手描友禅・クワバラマキコさん:2/24(土)終日、2/28(水)11〜16時半      
つまみ細工・桜居せいこさん:2/23(金)午後〜、2/24(土)15〜19時、3/3(土)11〜16時
服部綴れ工房・服部紘樹さん:2/25(日)終日




*商品の詳細などお問い合わせはこちらへ

posted by itonosaki at 12:22 | 日記